PR

ディープラーニングフレームワーク「TensorFlow 2.0」リリース

2019年10月7日(月)

Google Brain Teamは10月1日(現地時間)、オープンソースのディープラーニングフレームワーク「TensorFlow 2.0」をリリースした。

「TensorFlow」は、ライブラリ形式のディープラーニングフレームワーク。Windows、Mac OS X、Linuxに対応している。「TensorFlow 2.0」では、PythonのディープラーニングAPI「Keras」の統合強化や、「Eager Execution」のデフォルトでの有効化などが行われているその他にも複数の機能強化、不具合の修正などが施されている。

「TensorFlow 2.0」は、GitHubからダウンロードできる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
Blogによる記事

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック