PR

オープンソースの電子書籍管理ソフト「Calibre 4.0」リリース

2019年10月8日(火)

Calibre projectは10月4日(現地時間)、電子書籍管理ソフトウェアCalibre(カリバー)の最新版、「Calibre 4.0」をリリースした。

 「Calibre」は、オープンソースの電子書籍管理ツール。Pythonで実装されており、Windows、Mac OS X、Linuxに対応している。電子書籍ライブラリの管理、電子書籍フォーマットの変換、電子書籍リーダーデバイスとの通信、電子書籍ビューワ、書誌情報・表紙の検索およびダウンロードなど、電子書籍を管理するための機能を備えている。

 「Calibre 4,0」は、Webブラウザ経由でコンテンツの管理・閲覧ができる「Content server」機能が強化され、Webブラウザから利用できるようになった機能が大幅に増加したほか、ビューワもアップグレードされている。一方、ブラウザエンジンが「Qt WebKit」から「Qt WebEngine」に変更されており、後方互換性がいくつか失われている。

 「Calibre 4.0」は、Webサイトから無償でダウンロード・利用できる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
New in calibre 4.0

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック