PR

MailGuard、Dropboxを騙るフィッシングメールに関して注意喚起

2020年10月14日(水)

MailGuardは10月5日(現地時間)、Dropboxを騙るフィッシングメールが出現したとして注意喚起を発表した。

 このメールは、ファイル共有サービス「Dropbox」のロゴをメール内に埋め込み、フィッシングサイトに誘導するというもの。このメールでは、請求書がDropboxでシェアされたように偽装されており、「ファイルが24時間で利用できなくなる」などと書かれており、受信者を慌てさせる。メールには請求書を表示する偽のボタンが配置されており、誤ってこれをクリックすると、Office 365のロゴが付いたフィッシングサイトに誘導され、メールアドレスとパスワードが窃取される。

電子メールヘッダやFromフィールドにはDropboxの情報は書かれておらず、リンク先のURLのドメインもDropboxまたはMicrosoftとは無関係のものになっている。メールに書かれているリンクには短縮URLが使われており、実際のURLは隠蔽されている。

Dropboxを騙るフィッシングメールは今まであまり観測されておらず、MailGuardは注意を呼びかけている。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
記事本文

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック