PR

SCSK、パブリッククラウドのセキュリティマネージドサービス「Smart One Cloud Security」を提供開始

2021年7月4日(日)

SCSKは7月1日、パブリッククラウド環境のセキュリティ対策を支援するマネージド型CSPM(Cloud Security Posture Management)サービス「Smart One Cloud Security」を提供開始すると発表した。

「Smart One Cloud Security」は、パロアルトネットワークスのクラウドネイティブセキュリティプラットフォーム「Prisma Cloud」を活用したCSPM。ユーザのパブリッククラウド環境ごとにセキュリティ対策頻度や対策内容など、異なるニーズに応じて選択可能な「Checkup」と「Monitoring」の2つのサービスパターンがある。クラウド環境とのAPI連携によって、機密情報の漏えいや不正アクセス被害などのセキュリティ事故につながる設定ミスや、企業に求められるNISTやCISなどが定める各種コンプライアンス準拠状況の設定チェック機能を提供する。

本サービスの利用に伴い、ユーザはマルチクラウド環境における一元的なセキュリティチェックが可能となり、安全なクラウドサービス運用を行うことができるという。また、SCSK専門技術者の改善支援によってパブリッククラウド環境のセキュリティ管理におけるPDCAサイクルを実現する。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
プレスリリース

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think ITメルマガ会員登録受付中

Think ITでは、技術情報が詰まったメールマガジン「Think IT Weekly」の配信サービスを提供しています。メルマガ会員登録を済ませれば、メルマガだけでなく、さまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think ITメルマガ会員のサービス内容を見る