PR

東京大学、富士通のパブリッククラウドを活用し全学生・教職員が利用する全学事務システム基盤と認証基盤を統一

2016年6月15日(水)

富士通は6月9日、日本マイクロソフトと共同で東京大学の全学生・教職員(5万人)の教育・研究に利用するシステム基盤と認証基盤を統一したと発表した。

今回のシステムには、富士通の「FUJITSU Cloud Service A5 for Microsoft Azure」とマイクロソフトの「Microsoft Azure」が採用されている。すでに全学事務システム基盤の構築と、人事・給与システムの移行を完了し、運用を開始しており、今後も他の業務システムを順次クラウドへ移行し、2017年1月までにすべての事務システムの移行を完了する予定。

本システム基盤により、学内の教務システムや人事システムなどの様々なシステムへの一括ログインが可能となる。学内外で利用するサービスに最適な認証方式を選択できるため、利便性も向上したという。ユーザー管理の一元化により、セキュリティも強化されている。2016年中に、国立情報学研究所が運用する学術機関向け情報ネットワーク「SINET」とも接続する予定。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
プレスリリース(富士通)
導入事例紹介(Microsoft)

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック