PR

NTTデータ、資金需要予測AIサービスを「finposs」の第一弾として提供開始

2022年1月27日(木)

NTTデータは1月25日、融資を求める見込み顧客を人工知能(AI)で予測し、地域金融機関の業務遂行を支援する資金需要予測AIサービスを提供開始すると発表した。融資業務をAIでサポートする「finposs」の第一弾のサービスとなる。

資金需要予測AIサービスは、地域金融機関が保持する顧客の取引状況データをAIで分析し、将来の資金需要を予測する。本サービスを利用することで、地域金融機関職員はデータに基づいた顧客の選定ができるようになり、選定理由と合わせてより資金需要の高い顧客の見極めにより、成約率向上を図るという。今後「finposs」には、資金需要予測AIサービスに加え、審査活動、与信管理活動にAIを活用したサービスも拡充する予定。

融資業務は、地域密着の顧客営業活動が必要となるもので、地域金融機関の強みを発揮できる業務の1つだが、この活動では、資金を必要としている顧客に対しタイムリーに接触することが難しいことが課題となっていた。そこで、AIが人やルールに基づく判断では気づかない予測をすることで、「1.資金が必要な顧客への優先訪問による、成約率向上」「2.職員の訪問先選定時間の削減」「3.需要予測が可視化されることによる気づき、ノウハウ継承(人材育成、ナレッジ化)」「4.AIの判断根拠に基づく能動的な営業活動による、取引先との親密度の向上(顧客満足度向上)」を図る。

同サービスは、2022年1月からファーストユーザーとして大阪シティ信用金庫に導入され、今後、地方銀行や信用金庫などに展開することで、地域金融機関の収益向上へ貢献していく。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
ニュースリリース
サービス概要

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think ITメルマガ会員登録受付中

Think ITでは、技術情報が詰まったメールマガジン「Think IT Weekly」の配信サービスを提供しています。メルマガ会員登録を済ませれば、メルマガだけでなく、さまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think ITメルマガ会員のサービス内容を見る