PR

リレーショナルデータベース「SQLite 3.10.0」リリース

2016年1月9日(土)

SQLite.orgは1月6日(現地時間)、リレーショナルデータベースエンジンSQLiteの最新版、「SQLite 3.10.0」をリリースした。

SQLiteは、Cで実装されたRDBMS。軽量であり、中小規模のデータベースに向けて開発されている。APIはシンプルで、ライブラリを呼び出すだけで利用できる。データの保存には単一のファイルを利用する。種々のアプリケーション、Perl、Python、Rubyなどの言語からの利用も可能。

「SQLite 3.10.0」では、仮想テーブルでLIKE、GLOB、REGEXPなどがサポートされたほか、パフォーマンスの改善、インターフェイスの強化などが施されている。

「SQLite 3.10.0」は、Linux、Mac OS X、Windowsに対応しており、プロジェクトのWebサイトからダウンロードできる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
プレスリリース

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

リレーショナルデータベース「SQLite 3.10.0」リリース | Think IT(シンクイット)

Think IT(シンクイット)

サイトに予期せぬエラーが起こりました。しばらくたってから再度お試しください。