PR

「PostgreSQL 9.5」リリース

2016年1月9日(土)

PostgreSQLグローバル開発グループは1月7日(現地時間)、PostgreSQLの最新バージョン「PostgreSQL 9.5」のリリースを発表した。

PostgreSQL 9.5では、データの新規挿入または更新を行う「UPSERT」が利用できるようになった。「UPSERT」は、データの新規挿入(INSERT)ができれば挿入を行い、できなければ更新(UPDATE)を行うもの。「ON CONFLICT」を指定すると、データ変更の衝突を適切に処理できるという。その他にも、ビッグデータへの対応強化やセキュリティの強化、バグフィクスや安定性向上などが施されている。

対応OSは、FreeBSD、Linux、Mac OS X、Solaris、Windows。「PostgreSQL 9.5」は、Webサイトより無償でダウンロード・利用できる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
リリースアナウンス
リリースノート
日本PostgreSQLユーザ会

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック