PR

IBM、LinuxONEを強化しハイブリッドクラウド環境の構築を促進

2016年2月2日(火)

IBMは1月26日(現地時間)、Linux専用システム「LinuxONE」向けの新しいハイブリッドクラウド機能と協業を発表した。今回の機能強化により、効率的にクラウド向けアプリケーションを開発・導入・運用できるようになるという。

今回、CloudantおよびStrongLoopテクノロジーをLinuxONE向けに最適化しており、Node.jsに拡張性の高い環境を提供する。開発者はNode.jsによってサーバサイドで好みの言語を使ってアプリケーションを記述できる。また、NoSQLデータベースによって管理される企業向けのCloudantは、JSONフォーマットでデータを保存する。ネイティブでデータをシステムに保存することによって、ユーザが異なる言語に変換する必要がないため、時間を短縮できる。

また、LinuxONEのユーザはCanonical社のUbuntu Linuxディストリビューションおよびクラウド向けのツール・セットを提供する。これによって、LinuxONEシステムには従来のSUSEやRed Hatディストリビューションに加え、Ubuntuが利用できるようになる。また、クラウド運用管理向けの取り組みも強化される。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
プレスリリース
Linux One

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック