PR

IBMがLinuxメインフレーム「LinuxONE」発表、Mozillaが「Firefox」最新版をリリース、ほか

2015年8月21日(金)
吉田 行男

こんにちは、日立ソリューションズの吉田です。

お盆を過ぎて、少し暑さも和らいできたような気もしますが、日中はまだまだ暑い日が続いています。高校野球も終わり、そろそろ秋の気配を感じる季節になってきます。暑さももう少しの辛抱です。

今週も注目すべきトピックをとりあげましたので、ゆっくりとご覧下さい。

IBM、Linux専用メインフレーム「LinuxONE」発表

米国IBM社は、8月17日にLinux専用のメインフレームサーバ「LinuxONE」を発表しました。発表されたのは、大規模企業向けの上位モデル「LinuxONE Emperor」と中規模企業向けの下位モデル「Rockhopper」の2つで、「LinuxONE Emperor」は最大で8,000台の仮想マシンまたは数千台のコンテナに対応でき、単一のLinuxシステムとしては最高の性能を誇るものです。「LinuxOne」では、「Apache Spark」「MariaDB」「PostgreSQL」「Chef」などのメジャーなOSSを動作させることができ、またそれだけではなく、英国Canonical社と提携し、「Ubuntu Linux」も動作させることができます。ちなみに「Emperor」は「皇帝ペンギン」を意味し、「Rockhopper」は「イワトビペンギン」を意味するようです。

(参照記事:http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1508/18/news095.html

The Linux Foundationが「OMP」の発足とHuawei社がプラチナメンバーになることを発表

非営利団体であるThe Linux Foundationは8月17日、シアトルで開催中のLinuxConでメインフレームにおけるLinuxの利用促進を狙ったプロジェクトである「Open Mainframe Project(OMP)」の発足を発表しました。OMPの設立メンバーには米国IBM社、米国CA Technologies社、独SUSE社が含まれているほか、複数の大学や教育機関が参加を表明しています。また、同日、The Linux Foundationは、中国Huawei社がプラチナメンバーになることを発表しました。プラチナ メンバーシップは The Linux Foundation における最高レベルの投資であり、中国Huawei社がLinux、オープンソース、および共同開発への傾倒を強化していることを表しています。

IBMら、「Open Mainframe Project」を立ち上げ--メインフレームLinuxを強化する取り組み
(参照記事:http://japan.zdnet.com/article/35069013/

Huawei が Linux Foundation プラチナ メンバーに! グローバル テレコム リーダーが Linux やオープン ソースへの関与を強化
(参照記事:https://www.linuxfoundation.jp/news-media/announcements/2015/08/jp_huawei-deepens-its-investment-linux-and-open-source-software-linux

英Canonical、オンラインストレージ「Ubuntu One」のコードを公開

英国Canonical社は8月10日、ファイル同期サービス「Ubuntu One」のコードの一部をオープンソースで公開しました。同社のホスティングサービスLaunchPad上に用意されたプロジェクトページより入手できます。「Ubuntu One」は、英国Canonical社がUbuntuで提供していたファイル同期・オンラインストレージサービスで、米国Dropbox社など商用サービスがひしめく分野であり、長期的に持続できないことなどを理由に、2014年4月にサービス停止を発表しました。その際、サービスのコードを公開する意向を明らかにしていました。なお、「Ubuntu One」の提供は同年7月に完全に停止しています。今回公開されたのは、ローカルまたは遠隔にあるデータと同期のために接続するデスクトップクライアントのコードで、ライセンスはAGPLv3です。その他のコードについても今後リリースされる予定です。

(参照記事:http://osdn.jp/magazine/15/08/13/165300

米Red Hat、KiloリリースベースのIaaS基盤ソフト「RHEL OpenStack Platform 7」を発表

米国Red Hat社は8月5日、OpenStackの最新リリース「Kilo」をベースにしたIaaS基盤ソフトウェア製品の新版「Red Hat Enterprise Linux OpenStack Platform 7」を発表しました。今回の新版では、「TripleO」に基づいたデブロイや管理業務を支援する新ツール「Red Hat Enterprise Linux OpenStack Platform director」の追加により、インストールの簡素化や日々の管理業務の軽減を実現することができ、シンプルな自動クラウドインストールや、ベアメタルリソースの自動プロビジョニング、オンデマンドベースでのハードウェアリソースの再利用などが可能になります。

(参照記事:http://cloud.watch.impress.co.jp/docs/news/20150818_716622.html

Mozilla、「Windows 10」対応の「Firefox」最新版をリリース

一般社団法人Mozilla Japan(以下、Mozilla)は8月12日、同団体が提供するWebブラウザー「Firefox」の最新版(バージョン 40.0)をリリースしました。Winsdows10への正式対応の他、悪意あるWebサイトのブロック機能などが追加されています。他にも開発者向け機能として、パフォーマンスツールに新たに3種類のビューが追加され、ページのルーラー表示などが改善されています。なお、Windows向けのほか、Mac、Linux、Android向けにもリリースされています。

(参照記事:http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1508/12/news066.html

編集後記

今年は、関東地方の海岸線でサメがあらわれ、遊泳禁止になった海水浴場もありましたし、鹿児島では桜島の噴火警戒レベルが引き上げられ、噴火への備えが必要になっています。また、日本の宇宙輸送船である「こうのとり」5号機の打ち上げが成功するなど明るい話題もあり、さまざまなことがあった今年の夏休みでした。

株式会社日立ソリューションズ
2000年頃より、Linuxビジネスの企画を始め、その後、オープンソース全体の盛り上がりにより、Linuxだけではなく、オープンソース全般の活用を目指したビジネスを推進している。
現在の関心領域は、OpenStackを始めとするクラウド基盤、ビッグデータの処理基盤であるHadoop周辺及びエンタープライズでのオープンソースの活用方法など。
 
株式会社日立ソリューションズ 技術開発本部
オープンソース技術開発センタ 主管技師

連載バックナンバー

OSSコラム

SQL Server v.Next CTP 1.3 Linux版も含めて公開、GoogleのTensorFlowが1.0に、ほか

2017/2/24
OSS界隈に造詣が深い吉田行男氏が、この一週間に起きたOSS業界の注目すべきトピックをセレクトして、お届けします。
OSSコラム

MSが「Azure IP Advantage」を発表、インテル「BigDL」をオープンソース化、ほか

2017/2/17
OSS界隈に造詣が深い吉田行男氏が、この一週間に起きたOSS業界の注目すべきトピックをセレクトして、お届けします。
OSSコラム

「LibreOffice 5.3」公開、UIプロジェクト「MUFFIN」を初導入、ほか

2017/2/10
OSS界隈に造詣が深い吉田行男氏が、この一週間に起きたOSS業界の注目すべきトピックをセレクトして、お届けします。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています