PR

Linux Professional InstituteがLPI日本支部を立ち上げ 今後は新資格のリリースも予定

2018年6月7日(木)

LPIC-1などのLinux認定資格を提供するLinux Professional Institute(以降LPI)は6月7日、日本市場での活動を強化すべく「​Linux Professional Institute 日本支部」を設立したことを発表した。

LPIC-1 Linux認定資格はこの夏にバージョン5.0にアップデートされる予定で、7月初旬には日本で初めて無料ベータテストも開催される。また、Linux Essentials、DevOps Tools Engineerなどこれまで日本(日本語)では提供されていなかった認定資格も今後リリース予定であるとした。LPIC-1ベータ試験の登録は以下のURLを参照。受験方法についてはリリース文より抜粋している。
https://www.lpi.org/ja/articles/earn-your-lpic-1-linux-administrator-certification-free

【受験方法について】
■LPI-IDをお持ちでない方は、新規登録をお願いします。
https://cs.lpi.org/caf/Xamman/register
■LPI-IDをお持ちの方は、現行バージョンのLPIC-1、LPIC-2、LPIC-3プログラム、
および今後リリース予定のLinux Essentials、DevOps Tools Engineer試験を、Pearson VUEテストセンターでご利用できます。
https://www.pearsonvue.co.jp/Clients/LPI.aspx
■受験用バウチャーはPearson VUEでもご購入することができます。
https://www.pearsonvue.co.jp/test-taker/Voucher-store.aspx
■認定資格の詳細については、下記URLをご参照ください。
https://www.lpi.org/ja/our-certifications/summary-of-certifications
(Linux Essentialsおよび DevOps Tool Engineerは今後リリース予定です。)

なお、LPICの日本語試験はこれまでLPI-Japanが窓口となっていたが、同団体からは今年2月に日本市場向けの新試験である「LinuC(リナック)」の提供が開始されている。

関連リンク:
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000034743.html

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています