PR

日本オラクル、ビジネスプロセス管理製品「Oracle BPM Suite」の最新版を提供開始

2013年5月21日(火)

日本オラクルは5月20日、業務部門ユーザーにとって使いやすい機能を強化し、ITの専門知識を必要とせずに展開可能なビジネスプロセス管理製品「Oracle Business Process Management Suite(以下、「Oracle BPM Suite」)」の最新版を本日より提供開始したことを発表した。

「Oracle BPM Suite」最新版は、ブラウザ上でビジネスプロセスの設計、シミュレーション、実行、画面の構築などを可能にする機能を大幅に強化。業務部門ユーザーは、「Oracle BPM Suite」を活用して積極的に業務を可視化、共有できるだけでなく、IT部門は業務部門ユーザーの持つ課題や真のニーズを理解し、要求を顕在化することが可能となる。これにより、システム開発工程における手戻りを極小化し、より効率的な開発を進めることが可能となる。

機能強化の主なポイントは、ブラウザ上でプロセスを作成するツール「Business Process Composer(ビジネス・プロセス・コンポーザ)」の機能拡張。さらに、業界ごとに特有、または業界共通で利用可能な事前定義済みのビジネス・プロセスのパターンとして「Oracle Process Accelerators(オラクル・プロセス・アクセラレーターズ)」を無償で提供する。例えば、業界特有のプロセスでは、金融業向けの新規口座開設プロセス、業界共通のプロセスでは、新入社員の入社手続などがある。このビジネス・プロセスは、「Oracle BPM Suite」のユーザーからの意見を反映しており、今後の新バージョン提供に合わせて追加される予定。

「Oracle BPM Suite」最新版は、業務部門ユーザーにとって使いやすいブラウザ環境で、ビジネスプロセスの設計、シミュレーション、ブラウザ上での簡易画面の実装およびプロセスの実行状況を確認できるなど、主に以下の機能を強化している。

・「Business Process Composer」だけで、モデリングから実行までのプロセスを完了できる。この機能により、IT担当者と業務部門ユーザーは、同じブラウザの画面を共有しながら、ビジネスプロセスの作成、分析、ルールの定義、画面の設計構築などを協働で行うことができるため、ビジネスの現状に即した設計と開発を行うことが可能。

・「Oracle Process Accelerators」により、最も効果的な実践手法を提示する。その結果、ユーザーのビジネスプロセス管理への取り組みをシンプルにし、早期に効果を発揮できるよう支援する。さまざまな業界、業務に適用可能で、容易な動作確認、再利用が可能。


日本オラクル
http://www.oracle.com/jp/

Think ITメルマガ会員登録受付中

Think ITでは、技術情報が詰まったメールマガジン「Think IT Weekly」の配信サービスを提供しています。メルマガ会員登録を済ませれば、メルマガだけでなく、さまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think ITメルマガ会員のサービス内容を見る

他にもこの記事が読まれています