PR

アシストのPostgreSQL各種支援サービスが、新バージョン9.2に対応

2012年9月27日(木)

アシストは9月25日、オープンソースソフトウェアのデータベースシステム「PostgreSQL」の新バージョン9.2に対応した各種支援サービスを開始した。

PostgreSQLの新バージョン9.2では、マルチCPU環境で最高64コアまで検索性能が向上、また、インデックスだけを参照して検索結果を返すことができる「Index-only scan」などにより、大規模データで数十倍の性能向上が得られる機能が実装されている。さらに、レプリケーション機能強化として、スタンバイサーバから別のスタンバイサーバにレプリケーションを行う「カスケード・レプリケーション」が実装され、より高い可用性を持つシステム構成が可能となっている。

「PostgreSQL」プロダクトサポート・サービスは、対応時間やサポート内容により、エントリ、スタンダード、エンタープライズと3コースに分かれる。最上位のエンタープライズでは、24時間365日対応、マニュアル・レベルの確認/発生事象の再現確認、ソース・レベルの確認/修正パッチの提供、各種ミドルウェアのサポートが提供される。契約形態は、サーバ契約、サイト25契約(25サーバまで)、会社契約から選択可能。問い合わせ方法は電話、FAX、Web、E-Mailに対応する。

プロダクトサポート期間は、PostgreSQL開発コミュニティのプロダクト・メンテナンス期間(プロダクト提供開始日より5年間)に提供するサポート「FULL SUPPORT」、FULL SUPPORT終了後の2年間に提供するサポート「CONTINUOUS SUPPORT」、CONTINUOUS SUPPORT終了後の3年間に提供するサポート「EXTENDED SUPPORT」から選択できる。PostgreSQLのバージョンによって期間は異なるが、バージョン9.2でEXTENDED SUPPORTの場合、2022年9月までのサポートを受けることができる。

アシストではPostgreSQLの普及を目的に、PostgreSQLの活用事例や、PostgreSQL 9.2の機能紹介、最新ハードウェアとPCI-SSDを利用したベスト・プラクティスなどを紹介するセミナーを10月12日に同社の市ヶ谷セミナールームで開催する。


アシスト
http://www.ashisuto.co.jp/

ニュースリリース
http://www.ashisuto.co.jp/corporate/info/news/1197819_1217.html

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

アシストのPostgreSQL各種支援サービスが、新バージョン9.2に対応 | Think IT(シンクイット)

Think IT(シンクイット)

サイトに予期せぬエラーが起こりました。しばらくたってから再度お試しください。