PR

アシスト、オープンソースデータベース「PostgreSQL」の支援サービスを刷新

2013年10月23日(水)

アシストは10月21日、オープンソースソフトウェアのRDBMS「PostgreSQL」のプロダクトサポート・サービス刷新に加え、地図連携強化を図るサービスの提供も開始すると発表した。

2009年より「PostgreSQL」に関する各種サポート・サービスの提供を開始したアシストでは、2010年には国内初となる24時間365日対応のプロダクト・サポートの提供、2012年にはPostgreSQL開発コミュニティからのプロダクト提供開始日より10年間の長期サポート、仮想環境、物理環境を問わないサーバ契約など、ミッション・クリティカルな領域と、クラウド・コンピューティングや仮想化環境などの多様な形態での採用に合わせ、支援内容を順次拡充してきた。

今回アシストでは、取扱製品である連想型高速インメモリBIツール「QlikView」(開発元/販売元:Qlik Technologies, Inc.、クリックテック・ジャパン)専用の地図連携ソリューション「GeoQlik(ジオクリック)」(開発元/仏Business Geografic社)の地図情報連携機能「PostGIS」を新たにサポート対象とする。これにより、GeoQlik、およびGeoQlikのリポジトリDBであるPostgreSQL、PostGISの総合的なサポートを提供するとともに、情報活用分野でのPostgreSQLの普及を強力に支援していく。

また、プロダクト・サポートに関しては、同一サイトで25サーバまでサポートする「サイト25契約」に加え、今回5サーバまでの「サイト5契約」を新設することで、中小規模またはPostgreSQLについて取り組みを開始する事業者が採用しやすい環境を提供する。


Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック