PR

米オラクル、「Oracle Exadata X3 Database In-Memory Machine」を発表

2012年10月3日(水)

米オラクルは、サンフランシスコで開催中のOracle OpenWorld 2012において、最新世代のOracle Exadataデータベース・マシン「Oracle Exadata X3 Database In-Memory Machine」を発表した。

「Oracle Exadata X3 Database In-Memory Machine」は、「Oracle Cloud」の主要コンポーネントとなるデータベースアプライアンス。フルラック、ハーフラック、クォーターラックなど選択可能な「Oracle Exadata X3-2 Database In-Memory Machine」、およびフルラック構成の「Oracle Exadata X3-8 Database In-Memory Machine」の2種類が提供される。

Oracle Exadata X3 Database In-Memory Machineは、自動的にすべてのアクティブ・データをFlashおよびRAMメモリに移動し、それほどアクティブでないデータを低コストのディスクで維持するマス・メモリ階層を実装。ディスク・ドライブの読み取り/書き込みに起因するパフォーマンス・オーバーヘッドを事実上解消し、多様で予測が困難なクラウドコンピューティングのワークロードに対応する。

前世代「X2」の4倍のFlashメモリを搭載し、最大40パーセント高速な応答時間を実現。データスキャンレートは100GB/秒。書き込み容量を10倍にする「Exadata Smart Flash Cache」ソフトウェアを搭載し、「Exadata」独自の「Hybrid Columnar Compression」機能との組み合わせにより、数百テラバイトのユーザーデータをすべてFlash内で管理できるようになった。また、最新8コアのIntel Xeon E5-2600シリーズプロセッサの採用により、データベースCPUコアは33パーセント向上した。


日本オラクル
http://www.oracle.com/jp/

ニュースリリース
http://japanmediacentre.oracle.com/content/detail.aspx?ReleaseID=2219&NewsAreaId=27

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています