PR

EMCジャパン、次世代ITプラットフォームの実現を支援する新製品群とオープンソースに関する取り組みを発表

2015年6月27日(土)

EMCジャパンは6月25日、次世代ITプラットフォームの実現を支援する新製品群、オールフラッシュアレイの最新モデル「EMC XtremIO(エクストリームアイオー)4.0」とVCEテクノロジー・ソリューションズが提供するハイパーコンバージドラックスケールシステムの新製品「VCE VxRack(ヴイシーイー ヴイエックスラック)」を発表した。また、機能強化した「EMC VMAX3(ヴイマックススリー)」、「EMC VNX(ヴイエヌエックス)」、「EMC Data Domain(データ ドメイン)」、「EMC Data Protection Suite(データ プロテクション スイート)」などの大規模プラットフォームの販売もすでに開始している。

また、EMCジャパンは、オープンソースに関する取り組みも発表した。このオープンソースへの取り組みとして、5月に、EMCコーポレーションより、「EMC ViPR Controller(ヴァイパー コントローラー)」のオープンソース版「Project CoprHD(プロジェクト カッパーヘッド)」のリリース、非本番環境における「EMC ScaleIO(スケールアイオー)」のソフトウェア無償ダウンロード提供が発表され、日本においても、提供を開始している。

次世代ITプラットフォームの実現を支援する製品は以下の通り。

  • 最新OSを搭載したオールフラッシュアレイ「XtremIO4.0」(2015年6月25日提供開始)
    最新OSの「XIOS」は、新たに大規模なオールフラッシュアレイ構成をサポートし、オンデマンド機能が強化されているとともに、これまで以上のパフォーマンスと可用性でワークロードを統合できる。「XtremIO4.0」は、スケールアウト アーキテクチャを基盤に、「X-Brick」1台あたり40TBと従来製品の2倍以上の密度を実現している。「XIOS」では、最大8台の40TB「X-Brick」構成をサポートする。パフォーマンスと容量を無停止で拡張でき、データの自動再配置により一貫して予測可能な1ミリ秒以下のパフォーマンスを提供する。
  • 「VCE VxRACK」(2015年第3四半期(7月~9月)提供開始)
    「VCE VxRACK(ヴイエックスラック)」は、業界初のハイパーコンバージドラックスケールシステムで、次世代スケールアウト型のモバイル、クラウドおよび分散型ティア2アプリケーションの展開を大幅に簡素化することが可能になる。数十台のサーバーから導入を始め、その後千台以上のサーバーにスケールアップし、数十PBのストレージ容量を確保しながら、最高のパフォーマンスとIOPSあたりのコストを実現できる。
  • 「VMAX3」(提供開始済み)
    機能強化したデータサービスプラットフォーム「VMAX3」は、新たなレベルの自動化、最新化、統合を実現する。また、データセンター全体を通じてストレージの自動階層化を実行する「FAST.X」によって、EMCはエンタープライズ データ サービスを複数のプラットフォームにまで拡張する。
  • データ保護製品群(提供開始済み)
    「Data Domain DD9500」や「EMC Data Protection Suite」など、進化したデータ保護の新製品群により、データセンター内のデータ、クラウド環境へのデータ、ならびにクラウド環境内のデータを保護する新しいプラットフォームとサービスを提供する。ユーザーはコストを大幅に削減し複雑さを軽減しながら、データの存在場所に関係なくすべてのデータを保護することが可能になる。
  • 完全仮想化「VNXe」ソフトウェア スタック(提供開始済み)
    開発/運用(DevOps)環境に優れた俊敏性と柔軟性を提供するSoftware-Defined Storage(ソフトウェアで定義するストレージ)を求めているIT部門向けに、初の完全仮想化「VNXe(ヴイエヌエックスイー)」ソフトウェアスタックの一般提供を開始した。この「EMC vVNX Community Edition」ソフトウェアスタックは、業界標準のサーバーハードウェアを活用することで、専用のストレージハードウェアシステムを使うことなく「VNXe」ストレージをベースにテスト/開発環境を構築するとともに、複数の仮想「VNXe」インスタンスをコスト効率よく立ち上げることができるようにデザインされている。さらに「VNX」ファミリーに加え、オールフラッシュバージョンの新しい「VNXe3200」もリリースした。

オープンソースへの取り組みは以下の通り。

  • 「EMC ViPR Controller」をベースにした「Project CoprHD」
    「Project CoprHD」は、EMCの商用ソフトウェア製品を基盤にした初のオープンソースプロジェクト。このプロジェクトが提供する「ViPR Controller」のコード(すべてのストレージ自動化とコントロール機能)は、コミュニティ主導の開発環境でオープンに利用できるようになる。「Project CoprHD」ソースコードは、一部GitHubで提供開始している。
  • 「EMC ScaleIO」ソフトウェアの無償ダウンロード提供
    EMCコミュニティネットワーク(ECN)の「ScaleIO」製品コミュニティを通じて、ユーザー、パートナー、開発者に、「ScaleIO」ソフトウェアを無償でダウンロード提供する。ダウンロードした「ScaleIO」は、非本番環境で利用でき、時間や容量の制限はない。ユーザー登録も必要なく、数回クリックするだけで、ダウンロードを実行できる。将来的に、本番環境用のライセンスを購入し、アップグレードすることも可能。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています

EMCジャパン、次世代ITプラットフォームの実現を支援する新製品群とオープンソースに関する取り組みを発表 | Think IT(シンクイット)

Think IT(シンクイット)

サイトに予期せぬエラーが起こりました。しばらくたってから再度お試しください。