PR

日本マイクロソフト、人名・地名などの異体字を取り扱えるアドインを提供

2012年11月13日(火)

日本マイクロソフトは11月9日、Word、Excel、PowerPointなどのマイクロソフト製品上でUnicode IVD(UTS#37)に対応した異体字の取り扱いを可能にするアドイン「Unicode IVS Add-in for Microsoft Office(以下IVS Add-in)」の提供を開始した。主に人名・地名など異体字を含んだデータを取り扱うことの多い自治体、官公庁などの行政機関や、金融機関などにおける利用を想定している。

マイクロソフトの運営するオープンソースポータルサイト「CodePlex(http://ivsaddin.codeplex.com/)」からダウンロード可能で、価格は無償。

IVS Add-inは、Windows 7、Office 2010などのマイクロソフト製品上でUnicode IVD(UTS#37)に対応するおよそ5万8000の異体字の活用を可能とするアドイン。「IPAmj明朝」をはじめとしたUnicode IVD(UTS#37)に対応したフォントと組み合わせて使用することで、新たな投資を必要とせず、Word、Excel、PowerPointなどのマイクロソフト製品上で、異体字を含むデータの表示・印刷・編集などが可能となる。

IVS Add-inを使用することにより、これまで各団体の情報システムごとに個別で必要だった外字の作成・維持コストが不要となり、異なる団体・情報システム間での異体字を含むデータの保全・活用が容易となる。人名、地名など、異体字を含むデータを正確に取り扱うことが求められる自治体や、金融機関などにおける活用が期待される。


日本マイクロソフト
http://www.microsoft.com/ja-jp/

ニュースリリース
http://www.microsoft.com/japan/presspass/detail.aspx?newsid=4219

Think ITメルマガ会員登録受付中

Think ITでは、技術情報が詰まったメールマガジン「Think IT Weekly」の配信サービスを提供しています。メルマガ会員登録を済ませれば、メルマガだけでなく、さまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think ITメルマガ会員のサービス内容を見る