PR

日本IBM、ビッグデータ処理向けエキスパートインテグレーテッドシステムを発表

2012年10月11日(木)

日本IBMは10月10日、専門家の知見とスキルを実装することでサーバーやストレージ、ネットワーク資源を最適に統合し、計画から導入、運用までの作業を簡素化する「エキスパート・インテグレーテッド・システム」において、ビッグデータ処理向けの新製品群「IBMR PureData System」を販売開始した。出荷は10月26日から。

PureData Systemは、物理的なIT資源を十分に活用することでビッグデータを高速に処理できるよう、データ処理に特化して最適化された垂直統合型システム。高速データ入出力処理(データベース)向けの「IBM PureData System for Transaction」、大容量データの高速分析処理(データウェアハウス)向けの「IBM PureData System for Analytics」、次々に取引される業務処理データを蓄積データと照合するといった即時的な分析処理向けの「IBM PureData System for Operational Analytics」の3製品を提供する。

新製品の詳細は以下の通り。

IBM PureData System for Transaction
データベースであるPureData for Transactionは、高速なデータ入出力によるデータ更新が頻繁に行われる処理に最適化されている。多数のユーザーからの登録や更新が同時発生するような場合でもデータの整合性を保つため、共有ストレージでデータを管理する。コンソール上で、構築するデータベースの個数やデータ入出力頻度など、わずかの情報を設定してパターンを作成し、システムに展開して使用する。PureData System for Transactionは、膨大な同時アクセスによるデータ登録、更新を高速に取引するシステムに最適。取り扱うデータ容量に応じて、メモリー容量およびCPUの個数の異なる、1/4、1/2、1ラックの3モデルを提供する。

IBM PureData System for Analytics
データウェアハウスのPureData System for Analyticsは、IBMのアプライアンス「Netezza」のテクノロジーを活用し、ハードウェアに実装されたデータ処理プロセスと並列処理機能により、蓄積データを高速分析する。取り扱うデータ容量に応じて、1/4~10ラックのモデルを提供する。

IBM PureData System for Operational Analytics
PureData System for Operational Analyticsは、大量データを高速分析処理し、かつ、データ更新が高頻度で発生するため、並列処理のしくみと、データ整合性を保つための「トランザクション・ログ管理」といった機能を備える。IBM Cognosソフトウェアによるビジネス・インテリジェンス機能も搭載している。PureData System for Operational Analyticsは、データをリアルタイムに自動分析し、異常を検知するようなデータ処理に最適。取り扱うデータ容量に応じて、メモリー容量およびCPUの個数の異なる4モデルを提供する。


日本IBM
http://www.ibm.com/jp/ja/

ニュースリリース
http://www-06.ibm.com/jp/press/2012/10/1001.html

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック