PR

EMCジャパン、Software-Defined Storageプラットフォーム「EMC ViPR」の最新版を発表

2014年4月1日(火)

EMCジャパンは3月26日、Software-Defined Storageプラットフォーム「EMC ViPR(ヴァイパー)」のアップデート(バージョン1.1)を発表した。

「ViPR」は2013年11月に日本で販売を開始し、EMC製品、他社製品を問わず、マルチベンダーの多様なストレージインフラストラクチャを運用管理できるソフトウェア製品。「ViPR Controller(コントローラー)」機能と、「ViPR Data Services(データサービス)」機能で構成されている。

「ViPR Controller」を利用すれば、ストレージのプロビジョニング作業を大幅に削減でき、運用、管理コストを低減させるとともに、最適なプロビジョニングを自動的に行うこともできる。さらに、「ViPR Data Services」を利用すると、今後増大が予想されるモバイルコンテンツ、テキスト、Email、電子スキャンなどのファイルデータをオブジェクト形式に変換した保存が可能となる。また、オンプレミス環境のストレージにオブジェクト形式で格納することにより、コンプライアンスに準拠したり、拡張性を備えたアーカイブ用ストレージとしての運用を実現する。加えて、HDFS(Hadoop File System)によるマルチモードアクセスが可能になるため、既存データ/ストレージを有効活用した迅速なビックデータ基盤の構築も可能になる。

今回のアップデートにおいて、「ViPR Controller」では、ユーザー個々のストレージ環境に対応するための追加機能(クラスタシステムへのプロビジョニング対応、Boot LUNプロビジョニング対応など)の他、「EMC Symmetrix VMAX」向けのリモートデータ複製機能である「SRDF」にも連携対応した。さらに「ViPR Data Services」では、「ViPR HDFS Data Services」機能を追加し、オブジェクトアクセスに加えてHDFSアクセスにも対応できるようになる。


Think ITメルマガ会員登録受付中

Think ITでは、技術情報が詰まったメールマガジン「Think IT Weekly」の配信サービスを提供しています。メルマガ会員登録を済ませれば、メルマガだけでなく、さまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think ITメルマガ会員のサービス内容を見る