PR

日本IBM、IBM Power Systems上のLinuxとオープンソース技術の利用促進を支援する「IBM Power Systems Linuxセンター」を日本に開設

2013年10月2日(水)

日本IBMは10月1日、企業システムにおいてより簡単に「IBM Power Systems」上でLinuxとオープンソース技術を組み合わせて、ビッグデータ、クラウド、モバイル、ソーシャルの新しいアプリケーション開発と展開を加速するため、「IBM Power Systems Linuxセンター」を日本IBM晴海事業所(所在地:東京都中央区)内に新設した。

「IBM Power Systems Linuxセンター」は、「IBM Power Systems」上で稼働するLinuxとオープンソース技術に対する10億ドルの新規投資の一環として行われるもの。2013年5月に開設した北京(中国)をはじめ、ニューヨーク(米国)、オースティン(米国)、モンペリエ(フランス)に続く、世界で5番目に開設するセンターとなる。

国内の独立系ソフトウェアベンダー(ISV)をはじめ、システムインテグレーターやオープンソースのソフトウェア開発者を対象に、「IBM Power Systems」上でLinuxを活用する開発環境の提供やポーティング支援、技術セミナーを通じて、オープンな技術を活用したアプリケーション開発を推進する。また、「IBM Power Systems」上のLinux対応アプリケーション開発企業に対し、企業システムへの採用を働きかけるマーケティング協業や案件支援を行う。

本センターの新設に先立ち、利用の第一号としてミラクル・リナックスとプロマークへ、オープンソースソフトウェアを活用したアプリケーションの「IBM Power Systems」上におけるLinux対応の支援を実施した。ミラクル・リナックスは、「MIRACLE LINUX V6 for IBM POWER」の共同検証を完了した。今後も、エンタープライズ用途に特化した統合的なシステム監視ソリューション「MIRACLE ZBX」シリーズなどの本センターにおける検証を予定しており、「IBM Power Systems」上のLinux対応を進めていく。同時に、プロマークは、オープンソースのソフトウェアを活用したアンチウィルスソフトウェアの「ProScan AntiVirus」シリーズの検証を完了し、提供を開始した。


Think IT会員サービスのご案内

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスのご案内