PR

ミラクル・リナックス、Zabbix 2.0対応の大規模システム向け統合監視サーバ「MIRACLE ZBXR8200」を発売

2014年2月26日(水)

ミラクル・リナックスは2月18日、企業向け統合監視サーバの新たなラインアップとして、Zabbix 2.0に対応した大規模システム向け「MIRACLE ZBX8200」を発売した。MIRACLE ZBXによる監視を効率化するオプション製品「設定バックアップオプション」と「監視データ出力オプション」、「PRIMERGY監視テンプレート」が無償でバンドルされる。

MIRACLE ZBX8200は利用実績が豊富なZabbix 2.0に対応し、以下の機能とサービスをオールインワンで提供する。

・日本品質の高信頼性PCサーバ「FUJITSU Server PRIMERGY RX200 S8」を採用

厳格な設計品質と出荷テストで鍛え上げられた高品質PCサーバ「PRIMERGY RX200 S8」を採用。ハードウェアごとに自サーバ監視とチューニングを施し、負荷試験や長期利用を想定したランニング試験に基づいて本サーバでの最適なパラメータ値を検証し設定している。

・データベースの性能向上

データベースにMySQL 5.5を採用することで、データベースの性能、およびCPUのスケーラビリティが大幅に向上した。また、テーブルパーティショニングで分割されたデータを操作することで、扱うデータ量を限定し、処理の高速化を可能にした。

・バックアップ、リストア機能を標準提供

「設定バックアップオプション」、「監視データ出力オプション」と、「MIRACLE System Savior」によるリカバリディスクを標準バンドルする。設定データのバックアップ/リストア、監視データのCSV出力によりデータの活用や長期保存、またハードウェア交換時の初期化を実現し、Zabbixサーバの目標復旧時間(RTO)と目標復旧時点(RPO)の短縮を可能にする。

・Zabbixサーバのクラスタ化でシステム全体の可用性を向上

CLUSTERPROを採用し、プロセス障害を自動で復旧可能なシングル構成や、ハードウェア障害にも対応可能なクラスタ構成で障害発生時も監視サービスの継続が可能になった。

・最長10年の長期サポートを提供

日本企業ユーザから求められる安定したバージョンの供給と長期サポート提供の要望に応え、アプライアンスのハードウェア保守期間に合わせて、最長10年のMIRACLE ZBXサポートを提供している。


Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています