PR

オラクル、「Java 8」を発表

2014年4月2日(水)

オラクルは3月25日、「Java Platform, Standard Edition 8(Java SE 8)」、「Java Platform Micro Edition 8(Java ME 8)」、Java Embedded関連製品を発表した。

「Java SE 8」は、冗長的なコードの削減、コレクションやアノテーションの改善、並列処理プログラミング・モデルの簡素化、最新のマルチコア・プロセッサの効率的な活用により、アプリケーション性能の大幅改善と開発生産性の向上を実現する。

「Java ME 8」は、既存の「Java ME」プラットフォームに大幅な機能の強化や新機能を加えたメジャーアップデート。「Java SE 8」の言語仕様およびAPIへの対応、最新Webプロトコルのサポート、包括的なアプリケーションモデル、高度なセキュリティー機能、電力管理のための標準API、幅広い一般的な周辺機器との互換性などが含まれる。

あわせて、「Java Development Kit 8(JDK 8)」の提供開始を発表した。Javaコミュニティ・プロセス(JCP)で承認されたJava SE 8プラットフォーム仕様に準拠した実行環境で利用可能な製品。このリリースは、1996年のJavaプラットフォーム登場以来最大となるJavaのプログラミング・モデルに対する強化が施されている。JDK 8で追加された主要な機能には、Project Lambda (JSR 335)、Nashorn JavaScriptエンジン、Date and Time API(JSR 310)、コンパクトプロファイル、Java仮想マシン(JVM)から「パーマネント領域」を削除した点などがある。

また、「Oracle Java SE Embedded 8」も発表された。「Java SE 8」の新機能を採用し、ミドルからハイエンドの組込みシステム向けに最適化されている。

「Oracle JDK 8」と「Oracle Java SE Embedded 8」はダウンロードにより入手可能。「Java SE 8」と「Java ME 8」は統合に向けた取り組みが進んでおり、「Java ME 8」はこの春に提供開始の予定。


Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています

オラクル、「Java 8」を発表 | Think IT(シンクイット)

Think IT(シンクイット)

サイトに予期せぬエラーが起こりました。しばらくたってから再度お試しください。