PR

エフセキュア、Linuxサーバ向けのゲートウェイ製品新バージョンをリリース

2014年8月2日(土)

エフセキュアは8月1日、LinuxサーバOS向けゲートウェイセキュリティ対策製品の「エフセキュア アンチウイルスLinuxゲートウェイ」の新しいバージョンとなる、Ver5.10をリリースした。最新ディストリビューションへの対応や、WebUIの刷新を行っている。

「エフセキュア アンチウイルス Linuxゲートウェイ」は、メール送受信やWebブラウジング時に、ネットワーク上でのリアルタイムウイルス検査を行い、ゲートウェイレベルで高性能な保護を実現する製品。すでに提供済みの「エフセキュア アンチウイルス Linuxゲートウェイ」Ver5シリーズに、新たにWebUIを搭載したVer5.10がリリースされた。単なるユーザーインターフェースの変更に留まらず、Webサーバプログラムを変更することにより、WebUIで消費するリソースの削減、応答速度の向上を行っている。本バージョンではWebUIは英語版のみの提供となるが、2014年第三四半期中に、WebUIを日本語化したVer5.20をリリースする予定。

Ver5シリーズでは、従来のHTTP/SMTP/POP3/FTPの各種プロキシに加えて、ICAPサーバとしての機能が追加された。Squidなど、ICAPクライアント機能を持つプロキシからウイルススキャンリクエストを行うことが可能になり、より柔軟に既存のネットワークへ組み込むことが可能となった。また、複数のファイルに分かれていた設定情報を、ひとつの設定ファイルに集約するなど、ユーザの使い勝手の向上を行っている。


Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています

エフセキュア、Linuxサーバ向けのゲートウェイ製品新バージョンをリリース | Think IT(シンクイット)

Think IT(シンクイット)

サイトに予期せぬエラーが起こりました。しばらくたってから再度お試しください。