PR

ロックオン、ECオープンプラットフォーム「EC-CUBE」の構築事例申請件数が3,000件を突破

2014年9月11日(木)

ロックオンは9月10日、ECオープンプラットフォーム「EC-CUBE」において、「EC-CUBE」利用者からの申請により報告された構築事例が3,000件を突破したことを発表した。

「EC-CUBE」は、ロックオンが開発したECサイト構築パッケージをオープンソースとして2006年9月に公開したもの。で、現在、日本No.1 EC構築オープンソースとして認定(※独立行政法人情報処理推進機構「第3回オープンソースソフトウェア活用ビジネス実態調査」による)されており、推定20,000店舗以上で実際に稼働している(ロックオン調べ)。また、2013年9月に、2014年の消費税率変更を見据え、税率管理機能を大幅に強化した「EC-CUBE2.13」をリリースしている。

3,000件突破は利用者により申請専用フォームから報告された構築事例のみの数であり、実際には推定で20,000店舗以上が「EC-CUBE」を利用し、ECサイトを運営している。その数は国内最大手のショッピングモールの約半数にあたる。


Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック