PR

GMOリサーチ、DIY型リサーチシステム「GMO Market Observer」に、モニターの回答率を高精度に予測する独自エンジン搭載

2014年9月13日(土)

GMOインターネットグループのGMOリサーチは9月10日、インターネット調査に必要な機能を一元化したDIY型(セルフ型)リサーチシステム「GMO Market Observer(オブザーバー)」に、アンケートモニターの回答率を高精度で予測する独自のエンジン「Accurate(アキュレート) Prediction(プレディクション) Engine(以下、APE)」を新たに搭載し、アジアのマーケッター向けに提供開始した。

これにより、「GMO Market Observer」を利用してアンケート調査を計画・実行するクライアント企業は、誤差の少ない回答率予測をもとに適切なアンケート配信数を決定できるため、調査結果の質の向上が期待できる。

アンケート調査においては、あらかじめ設定した対象者の属性や条件によって、アンケートにおける「有効回答の回収見込み数」」(=信頼の置ける調査データに必要な回答の回収予測)が変動し、調査結果の信頼性やその後のスケジュールに影響を及ぼすこともある。そのため、アンケート調査後に商品開発/広告宣伝等の実施を予定しているクライアント企業からは、アンケートの対象者を設定した時点で、より精度の高い「有効回答の回収見込み数」を把握し、質のよい回答を期間内に回収することが求められる。

リサーチ会社による調査の場合、定期的にモニターに対して実施しているアンケート回答率調査の結果に加え、アンケート内容や質問数で左右されてしまう回答率を、経験豊富なオペレータが自身の経験で補い算出しているため、高い精度で「有効回答の回収見込み数」を把握することができる。しかし、通常のDIY型リサーチシステムの場合、クライアント企業が独自に「回答回収見込み数」を予測しなくてはならない。

そこでGMOリサーチは、こうした課題を解決するべく、DIY型リサーチシステム「GMO Market Observer」において、オペレータが対応するレベル同等の精緻な回収設定が可能な予測エンジン「APE」を開発し、搭載した。

GMOリサーチが開発した予測エンジン「APE」では、各アンケートモニターの過去半年間の回答結果を全て分析し、個人単位での回答率の計算が可能。分析する回答履歴は数百万モニター・数億レコードに及び、このビッグデータを処理するために並列分散処理技術「Hadoop」を採用している。

「APE」による回答率予測には、以下の特徴がある。

  • 過去半年間のモニター・アンケート・回答の全てを分析対象にしており、統計誤差が生じにくい。
  • 週次で分析を行っているため、常に最新の回答率予測である。
  • モニター個人の回答率を保持しており、誤差の影響なく適切な配信を行える。

これにより、「GMO Market Observer」でDIY型のアンケート調査を行うクライアント企業は、精度の高い「有効回答の回収見込み数」を把握できるため、回答の質の向上が見込めるだけでなく、正確な開発・宣伝スケジュールを立てるたてることが可能となる。


Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています