PR

サードウェア、「LINBITクラスタスタック・サポート」にCorosyncサポートを追加

2015年2月17日(火)

サードウェアは2月12日、Linux用クラスタ管理ソフトウェアサポートである「LINBITクラスタスタック・サポート」のサポート対象に「Corosync」を追加し、サポートを開始した。「Corosync」は、これまでサポートしてきた「DRBD」「Heartbeat」「Pacemaker」「リソースエージェント」に加えて、5つ目のソフトウェアになる。

「Corosync」は、Pacemakerと並んで活発に開発が進められているオープンソースのクラスタ管理システム。これまで広く使われてきたHeartbeatよりも多数のサーバーを効率的に制御できるため、大規模なシステムにも向いており、Heartbeatの後継として期待されている。

ただ、現時点では日本語の文献が極めて少ないといった課題があり、ユーザーからは日本語によるCorosyncのサポート提供への問合せを数多く受けていた。

サードウェアでは、DRBD開発元のLINBITとともに、「Corosync」の実績を観察してきた。その結果、最新のバージョン2.3において十分な実績と安定性が達成されたと判断し、今回「LINBITクラスタスタック・サポート」のサポート対象に「Corosync」を加えることにした。

サードウェアは、Corosyncサポートの追加により、ユーザーにとっての選択枝を広げ、オープンソースのクラスタ管理システムを商用環境で安心して利用できるよう、支援していく。


Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック