PR

ファーウェイ、ONOS・ONFと協力し、通信事業者向けSDNエコシステムを構築

2015年3月27日(金)

ファーウェイは、ONOS(Open Network Operating System)およびONF(Open Networking Foundation)と共同で、 オープンで革新的なSDNの業界エコシステムを構築し、通信事業者によるSDNの商用利用を推進していくことを発表した。

近年、 超高速接続とコスト削減への関心を背景に、通信事業者がネットワークアーキテクチャを変革する際にSDNが重要な要素となっている。こうしたなか、世界の主要な通信事業者や機器ベンダーが参加するONOSプロジェクトは、 業界で初めて通信事業者のネットワークとサービスの要件に焦点を当てたオープンソースによるSDNコントロールプラットフォームを提供している。ONOSは、高性能、信頼性、セキュリティ、拡張性など、通信事業者のニーズを考慮するとともに、優れたアーキテクチャ設計を採用しており、通信事業者が今後のビジネスを構築する上で、理想的な選択肢となっている。

ファーウェイのSDNソリューションはONOSプラットフォームを全面的にサポートし、ONOS、ONF、Open Platform for NFVとの連携のもと、一貫性を持ったオープンかつプログラマブルなSDNネットワークアーキテクチャを構築し、通信事業者のニーズに対応していく。

ファーウェイは通信事業者のビジネス変革とイノベーションをサポートするSDNアーキテクチャの開発に取り組んでいる。こうしたアーキテクチャにより、通信事業者は運用効率の向上や柔軟なサービス展開、ネットワーク機能のオープン化を実現することができる。ファーウェイは現在までに、世界の主要な通信事業者と40を超える共同イノベーション・プロジェクトを実施しており、世界のSDN商用化を牽引している。


Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています