PR

ジュニパーネットワークスとミランティス、大規模OpenStackクラウドを構築するため、 SDNソリューションにおける提携を拡大

2015年3月31日(火)

ジュニパーネットワークスとミランティスは、大規模OpenStackクラウドの導入を実現するため、信頼性の高いオープンソースSDNファブリックを提供する技術提携を拡大することを発表した。これにより、OpenStackの大規模導入と運用を容易にするミランティスのOpenStackディストリビューション「Mirantis OpenStack」は、ジュニパーネットワークスの標準ベースのSDNソリューション「Contrail Networking」をサポートし、相互運用が可能になる。また、「Mirantis OpenStack」は、オープンソースSDNソリューション「OpenContrail」もサポートしており、相互運用が可能。

調査会社の451 Research の最新の調査によると、OpenStackの市場規模は2016年までに17億米ドルに達すると推測されている。企業やサービスプロバイダは、さらなる柔軟性、コスト低減、ベンダーロックインの回避、他のインフラやアプリケーションとの統合をカスタマイズする機能を実現するため、ますますオープンソースのソフトウェアを求めるようになっている。

ジュニパーネットワークスとミランティスは、「Mirantis OpenStack」で「Contrail Networking」の導入と管理を行うリファレンス・アーキテクチャを公開した。これにより、顧客は複雑で高価なベンダー独自仕様のネットワークおよび管理ソフトウェアに依存せずOpenStackクラウドを容易に拡張できるようになる。両製品の導入により、クラウド・サーバのノード数に関する拡張性を飛躍的に向上する。

リファレンス・アーキテクチャは「Contrail Networking」により、「OpenStack Juno」をベースにした「Mirantis OpenStack 6.0」に対して有効化される。ジュニパーネットワークスとミランティスは、大規模なOpenStackクラウドの導入と管理の自動化および簡素化を強化するFuelプラグインを2015年の第2四半期にリリースする予定。


Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています