PR

Red Hat、オープンなソフトウェアディファインドストレージポートフォリオの統合を発表

2015年4月2日(木)

Red Hat,Inc.(以下、Red Hat)は、Red Hat Ceph Storage(旧称Inktank Ceph Enterprise)とRed Hat Gluster Storage(旧称Red Hat Storage Server)を統合したオープンなソフトウェアディファインドストレージのポートフォリオを提供開始した。統合されたRed Hat Storageポートフォリオは、エンタープライズ各社がオープンソースソフトウェアと標準的ハードウェアを使用して、新たに発生するデータストレージワークロードを管理するために役立つ。

今回の発表は、2011年10月のGluster,Inc.買収で始まり、2014年5月にはCephの開発元であるInktank,Inc.の買収へと続いた、オープンなソフトウェアディファインドストレージを企業に提供するためにRed Hatが行っている継続的な動きの中の重要なマイルストーン。Inktankによって開発された製品が、Red Hatの品質エンジニアリングプロセスを経て完全サポート付きのRed Hatのソリューションとなり、製品名もRed Hat Ceph Storageに改められた。

Red Hat Gluster StorageとRed Hat Ceph Storageは、どちらも市販ハードウェア上で動作するオープンソース、スケールアウト、ソフトウェアディファインドストレージソリューションで、永続性のある、プログラマブルなアーキテクチャを備えている。しかし、それぞれ異なるエンタープライズワークロードに適しており、独自の魅力的な利点をユーザーに提供する。Red Hat Storageポートフォリオはパートナー各社の主要なハードウェアおよびソフトウェアソリューションとの組合せでの動作が検証されているため、エンタープライズのユーザーは自社のストレージワークロードがオープンなソフトウェアディファインドストレージ向けに最適化されているという安心感を得ることができる。

Red Hat Gluster Storageは、エンタープライズにおける仮想化、分析、およびファイル同期/共有の各ワークロードに最適。Red Hat Ceph Storageは、OpenStackなどのクラウドインフラのワークロードに最適。アーカイブとリッチメディアのワークロードにはRed Hat Ceph StorageとRed Hat Gluster Storageの両方が対応しており、ユーザーに選択肢を提供し、特定のストレージ要件に最適であることを保証する。


Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています