PR

ミランティス、ベンダーニュートラルなOpenStackを習得できる実践的トレーニングを提供開始

2015年4月10日(金)

米ミランティスの日本法人であるミランティス・ジャパンは4月7日、日本国内のクラウドシステム開発者や運用者向けに、OpenStackの実践的なトレーニングである「OpenStack Bootcamp(ブートキャンプ)」を5月26日から提供開始すると発表した。

600名以上のOpenStack専門の技術者を擁し、世界最大規模の独立系OpenStackソリューションプロバイダーとして、OpenStackディストリビューション「Mirantis OpenStack」を提供するミランティスは、OpenStackの教育サービスのリーディングプロバイダでもあり、世界中で5,000人を超える技術者へのトレーニングと認定資格を提供してきた。

ミランティスのトレーニングは、忙しい技術者が、実践的な技術を短期間で習得できるように、内容の60%以上がハンズオン形式で提供される。また、ベンダー固有の機能や技術を一切含まない 100%ピュアなOpenStackの技術を対象としており、幅広い市場ニーズに対応可能な汎用性の高い技術と知識を習得することができる。

さらに、ミランティスは、OpenStack開発コミュニティへの貢献度が世界で最も高い3社の1つとして、コア・プロジェクトをはじめ数多くのOpenStack関連プロジェクトに密に係っており、最新リリースや最新テクノロジーを迅速にトレーニングにも反映可能で、今回提供開始するトレーニングは、OpenStackの最新リリースである「Juno」に対応している。

これらの特長から、ミランティスのトレーニングは、受講者の満足度が非常に高く、受講者の 95%以上が同僚や友人にミランティスのトレーニングサービスの利用を推奨しており、また、トレーニング受講後の認定資格は、エンジニアの技術レベルを評価する汎用指標にもなっている。

ミランティスOpenStackトレーニングのコースと概要は以下の通り。

  • OpenStack Bootcamp I (OS100)
    OpenStackに関連する知識やスキル取得を目指すITプロフェッショナルのために設計された3日間のハンズオンを含むトレーニングコース。コミュニティに関する基礎知識から始まり、アーキテクチャ、各コンポーネントの役割、全体の構成や相互作用を理解し、OpenStack管理者が必要とされる基礎知識を習得する。トレーニングは最大15人までの小規模なクラスで行う。各受講者にデモ/テストのためのセキュアなOpenStack環境を提供。最初は使い慣れたGUIベース・ツール(Horizon など)を使用し、次にsshやコマンド行でのインタラクションも行う。価格は220,000 円(税抜価格)。
  • OpenStack Bootcamp I と認定試験 (OS110)
    「OpenStack Bootcamp I」(OS100)の3日間のハンズオントレーニングに、OpenStack管理者認定試験を組み合わせたコース。トレーニング終了後、4日目に3時間のハンズオン試験を行い、OpenStackを使用してプライベートクラウドを作成、構成、管理する能力を確認する。試験合格者にはプロフェッショナル・レベル(MCA200)認定資格が提供される。価格は270,000 円(税抜価格)。
  • OpenStack Fundamentals (OS50)
    セールスエンジニアやプロジェクトマネージャ、事業開発者に最適な 1 日コースで、合計約8時間の講義とハンズオンにより、OpenStack 技術の概要を理解することができる。価格は70,000 円(税抜価格)。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています

ミランティス、ベンダーニュートラルなOpenStackを習得できる実践的トレーニングを提供開始 | Think IT(シンクイット)

Think IT(シンクイット)

サイトに予期せぬエラーが起こりました。しばらくたってから再度お試しください。