PR

仮想化サーバー統合への道

2010年6月7日(月)
宮下 徹

サーバーの移行

サーバーのキャパシティ・プランニングが完了した後、最後に実施するのが移行作業です。このフェーズでも、専用の移行ツールを使用することによって、既存のアプリケーション環境を変更することなく、仮想サーバーへと移行できます。

移行ツールを使用することにより、短期間で既存の環境をそのまま移行できます。このメリットがある一方、移行が必ずしも保証されるわけではない(失敗する可能性もある)という課題もあります。このため、新規に仮想サーバーを作成し、そこに既存サーバーのデータを移行するという選択も視野に入れる必要があるでしょう。

具体例として、筆者が所属するネットワンシステムズが実施している、VMware vSphere環境への移行方法を紹介します。VMware Converterという移行ツールを使用して、2種類の移行方法を採用しています。(1)Converter Boot CDを使用したオフライン・クローニングと、(2)Acronis Backup & Recoveryを使用したクローニングです。

図9: VMware vSphere環境への移行方法(ネットワンシステムズ)

実施する環境によって変更することもありますが、基本的には以下のような手順で移行を行います。

Step1.
キャパシティ・プランニングの結果などから、仮想化に向かないデバイスやアプリケーションがないかを事前に確認します。
Step2.
VMware vShpere環境を構築します。
Step3.
移行対象サーバーをシャットダウンし、既存のLAN環境から移行用のLAN環境に切り替えます。
Step4.
移行対象サーバーにConverter BootCDを挿入し、起動します。起動後は、移行ウィザードにしたがって、Step1で構築したvSphere環境に仮想サーバーとして移行します。環境によっては失敗する可能性があるので、その際にはAcronisを使用した方法を実施します。
Step5.
移行が完了した後、必要に応じて仮想サーバーに対して作業を実施します。
  • 仮想CPUの割り当て数の変更
  • 仮想メモリーの割り当て量の変更
  • 仮想NICの割り当て、VLANの設定
  • ゲストOS固有の情報の変更
    • IPアドレス
    • コンピュータ名
    • SID
  • VMware Toolsのインストール
  • 使用ドライバの確認
  • ログ(イベントログなど)にエラーがないか確認
  • 新旧サーバーのデータを同期

まとめ

サーバー統合の際にキャパシティ・プランニングが重要になる点を理解いただけましたでしょうか。キャパシティ・プランニングによって既存環境の棚卸しができるため、サーバー統合を最適なかたちで実施できるほか、統合後の運用も効率良く行えるようになります。

ただし、実際にサーバー統合を実施する時には、場合によってはネットワークの統合やストレージの統合も合わせて考えていく必要があります。仮想化製品だけでなく、ネットワークやストレージにも強いSIパートナと協力してプロジェクトを進めていくことを勧めます。

ネットワンシステムズ株式会社 ビジネス推進グループ技術本部 プラットフォームシステム技術部 PFチーム

みやした とおる
入社以来、一貫して仮想化製品を担当。現在はVMware社、Citrix社の各仮想化ソフトウェアの評価・検証を実施する一方、エバンジェリストとして仮想化ソリューションの啓蒙活動にも従事。
 

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています