PR

VMware vCenter CapacityIQの標準機能[1]

2011年9月21日(水)
沢田 礼子

CapacityIQへのアクセス手順

前回は、CapacityIQの基礎知識として、CapacityIQのソフトウェアコンポーネントや動作環境などを説明しました。今回からは、CapacityIQの機能や使用方法について解説します。最初にCapacity IQにアクセスする方法を紹介します。まずvSphere Clientを起動したあと、以下のように操作します。

[1]vSphere ClientからvCenterにログインして、[ホーム]画面から[CapacityIQ]アイコンをクリックします(図1)。

図1:CapacityIQアイコンをクリック(クリックで拡大)

[2]セキュリティ警告ウィンドウがポップアップ表示されるので、[はい]をクリックします(図2)。

図2:セキュリティ警告画面

[3]上記の操作により、CapacityIQの管理画面が表示されます(図3)。

図3:CapacityIQ管理画面
株式会社ネットワールド

株式会社ネットワールド所属。VMware製品のプリセールスや仮想化インフラ構築に従事するとともに、VMwareプロダクトのトレーナーを担当。
国外の医学部を卒業後に医師を目指すも、紆余曲折の後IT業界に身を投じる。某大手クライアントのカスタマーサポートセンター、Windows系インフラ構築プロジェクト、Webアプリケーション系運用構築などを経てネットワールド社に入社。趣味は「自宅で仮想化」「三味線」「ネイルアート」など。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています