PR

RichTextBox内の各オブジェクトを印刷する

2010年6月14日(月)
PROJECT KySS

印刷処理のロジック・コードを記述する

以上の作業を終えたら、ロジック・コードを記述していきましょう。印刷処理には、印刷の機能を提供するクラスの含まれる、System.Windows.Printing名前空間を使います(リスト4)。

リスト4: ロジック・コード(MainPage.xaml.vb)

■名前空間の読み込みと、プロパティの定義
LINQ to XMLでXMLを処理するクラスの含まれる、System.Xml.Linq名前空間をインポートします。
印刷の機能を提供するクラスの含まれる、System.Windows.Printing名前空間をインポートします。
Option Strict On
Imports System.Xml.Linq
Imports System.Windows.Printing

personalInfoクラス内に、「氏名、年齢、住所、勤務先」のプロパティを定義します。
VS 2008では、単にフィールドに値を保存したり取得するにも、Get/Setコードを記述する必要があり、コード自体が冗長になっていました。しかし、VS 2010では、VB 2010の自動実装プロパティを使用することができ、personalInfoクラスを以下のコードだけを使用して実装できるようになりました。
Public Class personalInfo
  Property 氏名() As String
  Property 年齢() As String
  Property 住所() As String
  Property 勤務先() As String
End Class

■ページが読み込まれたときの処理
XElement.LoadメソッドでXML文書ファイルを読み込みます。要素のコレクションを取得するクエリー(query)を定義します。
personalInfoクラスのリストとして作成するmyPersonalInfoを宣言して、queryを実行します。
クエリー・コレクション内を反復処理しながら、Addメソッドで、personalInfoクラスの各プロパティ(「氏名、年齢、住所、勤務先」)に、XMLの各要素(、、、)の値を追加します。
DataGridコントロール(名前はDataGrid1)のItemsSourceプロパティに、myPersonalInfoオブジェクトを指定します。これで、DataGrid内にXMLデータが表示されます。
  Private Sub MainPage_Loaded(ByVal sender As Object, ByVal e As System.Win  dows.RoutedEventArgs) Handles Me.Loaded
    Dim xmldoc As XElement = XElement.Load("sampleData.xml")
    Dim query = From c In xmldoc.Descendants("情報") Select c
    Dim myPersonalInfo As New List(Of personalInfo)
    For Each result In query
      With myPersonalInfo
        .Add(New personalInfo With {.氏名 = result.Element("氏名").Value,
        .年齢 = result.Element("年齢").Value,
        .住所 = result.Element("住所").Value,
        .勤務先 = result.Element("勤務先").Value})
      End With
    Next
    DataGrid1.ItemsSource = myPersonalInfo
  End Sub

■[全部プリント]ボタンがクリックされたときの処理
新しいPrintDocumentのインスタンスmyPrintオブジェクトを生成します。PrintDocumentクラスはSilverlightアプリケーションの印刷機能を提供するクラスです。
AllPrintGoイベントを実行し、Printメソッドで印刷キューに指定するドキュメントの名前を指定して、印刷を開始します。myPrintオブジェクトにNothingを指定して、オブジェクトとの関連付けを解除します。
  Private Sub Button1_Click(ByVal sender As Object, ByVal e As System.Windows.RoutedEventArgs) Handles Button1.Click
    Dim myPrint As New PrintDocument
    AddHandler myPrint.PrintPage, AddressOf Me.AllPrintGo
    myPrint.Print(“AllPrint”)
    myPrint = Nothing
  End Sub

■RichTextArea内全てを印刷する処理
印刷する要素を指定するPageVisualプロパティにRichTextBox1を指定します。HasMorePagesプロパティにFalseを指定して、指定したページ以外に印刷対象のページがないことを明示します。
  Private Sub AllPrintGo(ByVal sender As Object, ByVal e As PrintPageEventArgs)
    e.PageVisual = RichTexBox1
    e.HasMorePages = False
  End Sub

■[動画プリント]ボタンがクリックされたときの処理
MediaElementPrintGoイベントを実行し、Printメソッドで印刷キューに指定するドキュメントの名前を指定して、印刷を開始します。
  Private Sub Button2_Click(ByVal sender As Object, ByVal e As System.Windows.RoutedEventArgs) Handles Button2.Click
    Dim myPrint As New PrintDocument
    AddHandler myPrint.PrintPage, AddressOf Me.MediaElementPrintGo
    myPrint.Print(“MediaElementPrint”)
    myPrint = Nothing
  End Sub

■MediaElementを印刷する処理
印刷する要素を指定するPageVisualプロパティに、MediaElement1を指定します。
  Private Sub MediaElementPrintGo(ByVal sender As Object, ByVal e As PrintPageEventArgs)
    e.PageVisual = MediaElement1
    e.HasMorePages = False
  End Sub

■[表プリント]ボタンがクリックされたときの処理
DataGridPrintGoイベントを実行し、Printメソッドで印刷キューに指定するドキュメントの名前を指定して、印刷を開始します。
  Private Sub Button3_Click(ByVal sender As Object, ByVal e As System.Windows.RoutedEventArgs) Handles Button3.Click
    Dim myPrint As New PrintDocument
    AddHandler myPrint.PrintPage, AddressOf Me.DataGridPrintGo
    myPrint.Print(“DataGridPrint”)
    myPrint = Nothing
  End Sub

■DataGridを印刷する処理
印刷する要素を指定するPageVisualプロパティに、DataGrid1を指定します。
  Private Sub DataGridPrintGo(ByVal sender As Object, ByVal e As PrintPageEventArgs)
    e.PageVisual = DataGrid1
    e.HasMorePages = False
  End Sub

■MediaElementの下にレイアウトされている[Play]ボタンがクリックされたときの処理
Playメソッドで、ビデオの再生を開始します。
  Private Sub playButton_Click(ByVal sender As Object, ByVal e As System.Windows.RoutedEventArgs) Handles playButton.Click
    MediaElement1.Play()
    pauseButton.IsEnabled = True
    playButton.IsEnabled = False
  End Sub

■MediaElementの下にレイアウトされている[Pause]ボタンがクリックされたときの処理
Pauseメソッドで、ビデオを休止します。使用不可となっていた[PLAY]ボタンを使用可にします。
  Private Sub pauseButton_Click(ByVal sender As Object, ByVal e As System.Windows.RoutedEventArgs) Handles pauseButton.Click
    MediaElement1.Pause()
    playButton.IsEnabled = True
    pauseButton.IsEnabled = False
  End Sub

■ビデオの再生が完了したときの処理
MediaElement1コントロールのPositionプロパティに、時間間隔を0に戻すよう指定します。これで、ビデオが開始時の状態になります。Playメソッドでビデオを開始します。[PAUSE]ボタンをクリックしない限り、再生を繰り返します。
  Private Sub MediaElement1_MediaEnded(ByVal sender As Object, ByVal e As System.Windows.RoutedEventArgs) Handles MediaElement1.MediaEnded
    MediaElement1.Position = TimeSpan.FromSeconds(0)
    MediaElement1.Play()
    playButton.IsEnabled = False
    pauseButton.IsEnabled = True
  End Sub

次回は、DataGridコントロールを用いた、表印刷とフル・スクリーン・モードでの編集処理について取り上げます。

四国のSOHO。薬師寺国安(VBプログラマ)と、薬師寺聖(デザイナ、エンジニア)によるコラボレーション・ユニット。1997年6月、Dynamic HTMLとDirectAnimationの普及を目的として結成。共同開発やユニット名義での執筆活動を行う。XMLおよび.NETに関する著書や連載多数。最新刊は「Silverlight実践プログラミング」両名とも、Microsoft MVP for Development Platforms - Client App Dev (Oct 2003-Sep 2012)。http://www.PROJECTKySS.NET/

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています