PR

ネットワーク障害と管理ツールの機能

2010年12月17日(金)
新納 辰見

SGスイッチとVNMの連携

VNMは、SNMPマネージャに相当するサーバー・モジュール(VNM Server)と、そのリモコン・ソフトであるクライアント・モジュール(VNM Client)の2つで構成する。

VNMの推奨動作環境は、以下の通りである。

PC要素 スペック
OS Windows XP/Vista、Windows Server 2003
CPU Intel Dual Core 2.6GHz以上
メモリー 2Gバイト以上
HDD 160Gバイト以上


このスペックで、50台程度のSGスイッチを管理できる。数台程度の管理であれば、メモリー、HDDともに、半分程度のスペックで構わない。筆者たちも、テスト環境をVMWare上に仮想マシンとして構築しているが、何も問題なく動作している。稼働OSも今後拡充されていくだろう。

VNMを使ってSGスイッチを管理するためには、スイッチ側にも設定が必要だ。今回は、この設定について紹介する。初期設定としてSGスイッチ自身の管理用IPの設定とMDSの設定が終わっているものと仮定すると、追加で必要な設定は、以下の2点だけになる。

  1. VNM ServerのIPアドレスを指定する
  2. SNMPコミュニティ名を指定する(read onlyおよびread write)

VNM Server自身は冗長化の機能を持っていないが、1台のSGスイッチから最大10台のVNM Serverを指定できるので、故障時にログを保全する必要があるケースでは、複数のVNM Serverを用意しておくのも1つの手だ。コミュニティ名の"SG2024_ro"や"SG2024_rw"は、あくまでも例であり、管理しやすい名前を付けるとよいだろう。

SG2024> enable
SG2024# configure terminal
SG2024(config)# mds log-server 192.168.100.1 <= VNM Serverの指定
SG2024(config)# snmp-server community ro SG2024_ro <= SNMPコミュニティ名(read only)の設定
SG2024(config)# snmp-server community rw SG2024_rw <= SNMPコミュニティ名(read write)の設定
SG2024(config)end
SG2024#write <= 設定内容の保存

前回解説したMDSの設定に必要なコマンドと、今回のVNM Serverとの連携に必要なコマンドは、合計しても10行に満たない。こうして、スイッチ側で稼働状況や脅威を監視する準備が整ったので、次回(最終回)は、VNMのインストール方法と、VNMでどのような管理ができるのかを、なるべく画面ショットを含んだかたちでご紹介する。

株式会社ネットワールド

1990年 ネットワールド創立当初からのメンバー
自社製ハードウェアのサポート、Lotus Dominoのインストラクターを経て2001年よりセキュリティ関連製品のサポートに従事

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています