PR

Adempiereのインストール

2011年1月24日(月)
久保田 大輔

データのインポート

ビルドが終わったら、PostgreSQLにAdempiereのデータをインポートします。C:\Adempiere\utils\RUN_ImportAdempiere.batをクリックしてください。コマンド・プロンプトが開いて、バッチ・ファイルが実行されます。

データのインポートも数分かかります。データがインポートできたら、Adempiereのインストールは完了です。

図3: RUN_ImportAdempiere.batを使ってデータをインポートする(クリックで拡大)

Adempiereクライアント

C:\Adempiere\lib\AdempiereClient.zipが、adempiereのクライアント・プログラムです。

AdempiereClient.zipを解凍してください。解凍して作られたフォルダに、RUN_Adempiere.bat というファイルがあるので、クリックして実行してください。

Adempiereクライアントが起動します。最初に起動したときは、GPLライセンスに同意するかどうかのウインドウが表示されるので、同意できる場合は、同意するを選んで先に進んでください。

Javaクライアントでのログイン

Adempiereクライアントを起動すると、ログイン画面が表示されます。

  • 「ユーザー」に SuperUser
  • 「パスワード」に System

でログインできます。

言語は「日本語(JP)」を選択して、右下のOKボタン(右下のチェック・マークのボタン)を押してください。認証済みの画面に移動したら、インストールは適切に完了しています。

ログイン画面の下に「データベースが見つかりません」と表示された場合は、postgreSQLが起動していないことが考えられます。postgreSQLが起動しているかどうか確認してください。

「サーバー」の欄に正しい接続先が表示されていない場合は、設定値を変更して接続し直すことができます。ログイン画面の「サーバー」の欄をクリックすると「アデンピエーレの接続」というウインドウが表示されるので、このウインドウで接続の設定と接続のテストをしてください。

Adempiere サーバーの起動

C:\Adempiere\utils\RUN_Server2.batをクリックすると、JBossサーバーが起動します。

Jbossサーバーが起動している状態で、インストール時に設定したアプリケーション・サーバー名をWebブラウザに入力すると、Web画面が表示されます(例: http://computer1/)。

表示された画面の"ADempiere ZK webUI"をクリックすると、Web経由でAdempiereにアクセスできます(例: http://computer1/webui/)。

  • 「ユーザー」に SuperUser
  • 「パスワード」に System

と入力してください。

言語は「日本語(JP)」を選択して、右下のOKボタン(右下のチェック・マークのボタン)を押してください。

  • 「ユーザー」に GardenAdmin
  • 「パスワード」に GardenAdmin

でもログインすることができます。

図4: Webブラウザ経由でAdempiereにアクセスする(クリックで拡大)

これで、Adempiereのインストール方法の説明は終了です。

次回は、Adempiereの基本的な操作方法と、発注、仕入、受注、出荷などの機能について説明します。

adempiere.jp

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています

Adempiereのインストール | Think IT(シンクイット)

Think IT(シンクイット)

サイトに予期せぬエラーが起こりました。しばらくたってから再度お試しください。