PR

カメラの向きを取得し、縦横の位置を合わせて表示させる

2012年1月13日(金)
PROJECT KySS

今回は実機(IS12T)のカメラ機能を使ったサンプルを紹介します。

CameraPictureTaskを使って写真を撮った場合、Windows Phoneではデフォルトが横撮影なので、縦撮影のものでも横に寝た状態で表示されてしまいます。そこで今回は、ExifLib.dllを使って、カメラの向きを取得し、撮った写真をカメラの向きに応じて表示されるようにします。

ExifLib.dllは下記のURLからDownload Sample - 49.02KBをダウンロードし、解凍してできたサンプルプロジェクトのLibsフォルダ内に存在します。この中にあるExifLib.dllを使用します(図1)。
→参照:Understanding and Reading Exif Data(THE CODE PROJECT)

図1:サンプルを解凍してできたプロジェクトのLibsフォルダ内に、ExifLib.dllが存在している(クリックで拡大)

カメラで被写体を撮る場合は、できれば解像度を一番低く設定してください。デフォルトでの最大解像度は4128×3096ピクセルですが、この解像度で保存すると内臓ストレージを圧迫することになります。
※解像度の設定方法については、本連載の第1回「カメラで写した写真を分離ストレージに保存し、写真の一覧を表示する」を参照してください。

では、このサンプルで実装する機能の動作を、下記に解説しておきます。

実機にプログラムをデプロイし、カメラボタンをクリックします。カメラが起動しますので、縦向きで撮影して保存(フロッピーのアイコン)、横向きで撮影して保存をします。保存した写真はPicturesに保存されています。Pictures内を見ると、縦向きで写した写真は縦向きで、横向きで写した写真は横向きで保存されているのがわかります(図2)。

図2:カメラを縦向き、横向きで被写体を撮影し、PictureHUBに保存した。保存した画像はPicturesから閲覧できる。削除する場合は[・・・]をタップして表示されるメニューの「削除」から削除する(クリックで拡大)

サンプル一式は、会員限定特典としてダウンロードできます。記事末尾をご確認ください。

プロジェクトの作成

VS 2010のメニューから[ファイル(F)/新規作成(N)/プロジェクト(P)]を選択します。次に、「Windows Phone アプリケーション」を選択して、「名前(N)」に任意のプロジェクト名を指定します。ここでは「WP71_CameraCaptureTask_ExifLib」という名前を付けています。Windows Phoneのバージョンは7.1を選択します。

Imageというフォルダを作成し画像も追加しておきます。ダウンロードされるサンプルにはこれらの画像は追加済です。

ピクチャへのアクセスを提供するMediaLibrayクラスを使用するため、VS2010メニューの「プロジェクト(P)/参照の追加(R)」から、Microsoft.Xna.Frameworkを追加しておいてください。

ExifLib.dllの追加

カメラの向きを取得するために、図1のフォルダにあるExifLib.dllを、VS2010メニューの「プロジェクト(P)/参照の追加(R)」から追加します。また、ソリューションエクスプローラー内にLibsというフォルダを作成して、ExifLib.dllを追加しておいてください(図3)。

図3:ExifLib.dllを「参照設定」に追加し、Libsフォルダを作成して、その中にExifLib.dllを追加した(クリックで拡大)
Think IT会員限定特典
  • 「撮った写真をカメラの向きに応じて表示させる」のサンプルファイル

四国のSOHO。薬師寺国安(VBプログラマ)と、薬師寺聖(デザイナ、エンジニア)によるコラボレーション・ユニット。1997年6月、Dynamic HTMLとDirectAnimationの普及を目的として結成。共同開発やユニット名義での執筆活動を行う。XMLおよび.NETに関する著書や連載多数。最新刊は「Silverlight実践プログラミング」両名とも、Microsoft MVP for Development Platforms - Client App Dev (Oct 2003-Sep 2012)。http://www.PROJECTKySS.NET/

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています