PR

Arduinoを始めよう!(1)シリアル通信編

2013年2月18日(月)
藤原 敬弘

前回の課題解答

前回の課題の解答と解説です。前回の課題は、以下の通りでした。

  • > LEDのHello Worldプログラムを改良し、モールス信号でHello Worldと伝えるプログラムに書き換える
  • > 短点は200msとする
  • > 長点は600msとする
  • > 繰り返し送られるHello Worldの信号の間に長点2つ分(1200ms)の間を取る

以下に模範解答のプログラムを載せておきます。コメントに解説も書いておくので、参考にしてください。

  const int INTERVAL = 200;
  const int LED_PIN = 13;
 
  void setup() {
    pinMode(LED_PIN, OUTPUT); // 13番ピンを出力モードに設定。
  }
 
  // 短点のLED点灯
  void signalShort() {
    digitalWrite(LED_PIN, HIGH);
    wait(1);
    digitalWrite(LED_PIN, LOW);
    wait(1);
  }
 
  // 長点のLED点灯
  void signalLong() {
    digitalWrite(LED_PIN, HIGH);
    wait(3);
    digitalWrite(LED_PIN, LOW);
    wait(1);
  }
 
  // 引数に与えられた短点分待つ関数
  void wait(int n) {
    for (int i = 0; i < n; i ++) {
      delay(INTERVAL);
    }
  }
 
  // Hのモールス信号
  void h() {
    signalShort();
    signalShort();
    signalShort();
    signalShort();
  }
 
  // Eのモールス信号
  void e() {
    signalShort();
  }
 
  // Lのモールス信号
  void l() {
    signalShort();
    signalLong();
    signalShort();
    signalShort();
  }
 
  // Oのモールス信号
  void o() {
    signalLong();
    signalLong();
    signalLong();
  }
 
  // Wのモールス信号
  void w() {
    signalShort();
    signalLong();
    signalLong();
  }
 
  // Rのモールス信号
  void r() {
    signalShort();
    signalLong();
    signalShort();
  }
 
  // Dのモールス信号
  void d() {
    signalLong();
    signalShort();
    signalShort();
  }
 
  void loop() {
    // HELLOのモールス信号
    h(); e(); l(); l(); o();
 
    // 単語間は7短点分待つ。最後のモールス信号に1短点分入るので、6短点待つ。
    wait(6);
 
    // WORLDのモールス信号
    w(); o(); r(); l(); d();
 
    // HELLO WORLD間は6短点分待つ。最後のモールス信号に1短点分入るので、5短点待つ。
    wait(5);
  }

今回の課題紹介と次回予告

[課題] 暗くした場合にLEDが200ms間隔で点滅する

今回の課題は、記事中で作成したプログラムを改良することです。上記の仕様を満たすようにプログラムを改良してください。
次回の記事で模範解答のプログラムを載せますので、それまでに考えてみてください。

今回はArduinoへ命令を出すための信号入力に話を絞りました。信号入力を自在に扱えるようになれば、Arduinoを手足のように扱えるようになります。今回は光センサだけを取り扱いましたが、様々なセンサが安価に市販されています。

> [参考] 秋月電子通商(商品検索ページ)

使い方は基本的に、今回紹介した光センサと同じです。センサは何かを感知し、それを電圧の変化としてArduinoに教えます。プログラマはその値を使って好きな処理を書き、出力として外の世界へ解き放ちます。その外の世界の一つが前回も今回も使用したLEDです。

次回はArduinoを使って、モーターを回転させます。モーターを回転させることが出来れば、夢のミニ四駆にまた一歩近づきます。来週の記事を読めば、Arduinoの入力と出力は、ほぼマスターしたことになると思いますので、是非、次回もお付き合いください。

【参考リンク】

FULLER株式会社

1986年生まれ。北海道苫小牧市出身。苫小牧工業高等専門学校卒業。
Fuller, Inc. CTO
Webプログラマ、よく利用する言語はPython。Pythonコミュニティによく出没する。
趣味でArduinoやRaspberry Piなどを使って、便利なものを自作する。

twitter: @wutali / github: https://github.com/wutali

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています