PR

ミニ四駆の遠隔操作を実現しよう!- プロトタイプ編

2013年3月22日(金)
藤原 敬弘

お待たせしました。Arduinoの学習編は前回で終わりにして、これからいよいよミニ四駆の作成に入ります。この回からは、ミニ四駆のプログラムの作成やArduinoの組み込みを行っていきます。

とは言え、いきなりミニ四駆にArduinoを組み込むことはしません。組み込む前準備として、プロトタイプを作成します。

用意するもの

プロトタイプを作成するにあたって、以下のパーツを用意してください。

上記のパーツは、全てこれまでの回で使用したものです。すでに用意済みの方は新たに購入する必要はありません。

ミニ四駆の仕様

まずは「ミニ四駆にどんな動きをさせるか」の仕様を固めましょう。ここでは以下の仕様を満たすミニ四駆を作成します。

  • Bluetooth経由でコマンドを送信する
  • コマンドは以下の3種類用意し、挙動を以下の通りとする
    • f:前進
    • b:後退
    • s:停止

速度制御も行いたいところですが、最初はあまり欲張らずに、簡単なところからはじめましょう。これができれば、ミニ四駆の遠隔操作が実現します。

プロトタイプの計画作り

先ほど決めた仕様を満たすために、プロトタイプを作っていきます。

電子工作では、抵抗やチップの半田付けや、パーツの加工などがあるため、アプリケーションの開発と違って、後戻りがほぼ不可能なため、作業を進める際は注意してください。

ブレッドボードを使って、自分の実現したい機能が実現できるかどうか、パーツと回路を常に確認しながら進めるのが懸命です。そこで、順にプロトタイプを組んでいき、徐々に実現したい機能に近づける方法をおすすめします。

今回は、以下の順でプロトタイプを作成していきます。

1. コマンド送信プログラム
USB経由で f / b / s のコマンドを送信するプログラムを作成します。ここではモーターを回転させる代わりに、LEDを点灯させます。このプロトタイプを作ることで、コマンド送信が確認でき、プログラムの骨格を作ることができます。
2. モーター回転プログラム
1のコマンド送信プログラムにモーターを回転させる回路と、プログラムを組み込みます。このプロトタイプを作ることで、有線でのミニ四駆の制御が確認できます。
3. コマンド送信のBluetooth化
2のモーター回転プログラムのコマンド送信をBluetooth経由に置き換えます。このプロトタイプを作ることで、無線でのミニ四駆の制御が確認できます。ここまで来ると、プログラム自体は完成です。半田付けはまだですが、回路も電源以外の部分は完成です。
FULLER株式会社

1986年生まれ。北海道苫小牧市出身。苫小牧工業高等専門学校卒業。
Fuller, Inc. CTO
Webプログラマ、よく利用する言語はPython。Pythonコミュニティによく出没する。
趣味でArduinoやRaspberry Piなどを使って、便利なものを自作する。

twitter: @wutali / github: https://github.com/wutali

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています