PR

100Gイーサネット回線の利用例、今後の期待と課題

2013年10月4日(金)
中島 英規田中 雄作

第1回では、イーサネットの現在までの歴史と、近年のトラフィック需要の増加、およびその課題について紹介しました。 また第2回では、100Gイーサネット回線の技術的な詳細と、100G移行に向けて必要な条件などを解説しました。

最終回の今回は100Gイーサネット回線の活用例や今後の課題、将来の展望についてお伝えします。

100Gイーサネット回線の活用例

100Gイーサネット回線が活用される場面として、主にデータセンターファブリック内とデータセンター間接続の2つのケースが考えられます。

データセンターファブリックへの100GE回線の利用例

データセンターファブリックでは、サーバーの仮想化に伴う各サーバーハードウェアの使用効率向上のために100Gイーサネット回線が必要とされています。現在サーバーのネットワークインターフェース(NIC)は1000Base-Tが主流ですが、既に10G NICの出荷も始まっており、今後は10G化がさらに加速するといわれています。

そしてそのサーバーを収容するラック内スイッチ(通称ToR:Top of Rack)のポート高密度化・広帯域化により、ラック内スイッチのアップリンクポートは10G複数本によるマルチパスを採用するのが現在主流となっています。 しかし、複数のラック内スイッチを集約するアグリゲーションスイッチまたはコアスイッチではさらなる広帯域化が必要とされているため、データセンター内における100Gイーサネット回線の導入が進んでいます(図1)。

図1:一般的なデータセンターファブリック構成(クリックで拡大)

データセンター内では主として安価な100GBASE-SR10インターフェースが使われますが、連載2回目でも述べた通り、100Gイーサネット回線を使用する場合は新規に24芯のリボンケーブルを敷設するか、20本のマルチモードファイバケーブル(OM3 or OM4)の割り当てが必要となり、スイッチのインターフェース側はMPO(Multi-Fiber Push On)コネクタ(下図2・3)で終端されている必要があります。

(左)図2:MPOコネクタ(右)図3:MPO-LC 光パッチケーブル(クリックで拡大)
KVH株式会社

KVH株式会社 システム&テクノロジー本部 ネットワークストラテジー&アーキテクチャ部 エキスパート。入社以来、レイヤ1-2を主としたネットワークサービス開発に従事。これまで、メトロWDMおよびイーサネットプラットフォーム導入と基盤ネットワーク構築、各種ネットワークサービス開発を行う。現在は、伝達レイヤの統合化および開発に取り組んでいる。

KVH株式会社

KVH株式会社 事業開発本部 スペシャリスト。2003年入社以来、金融系顧客をターゲットとした低遅延イーサネット回線、広域イーサネットのサービス開発業務、ならびに国内外のネットワーク展開プロジェクトに従事。現在は専用線、イーサネット回線、VPNサービスのプロダクトマネージャーを務める。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています