PR

正しいシステム運用のための監視要件定義

2014年5月19日(月)
株式会社アールワークス

前回までの内容で、運用のあり方が見えてきたところで、より技術的な内容について、話を具体化していこう。

システム運用において、どのようなシステムでも必ず必要になってくるのが、「監視」である。監視が何のために必要かというと、それは、システムのサービス継続性を維持するためである。ここでは、必ず必要となる監視の要件定義に、焦点を当てて見ていく。

システムに適した監視を成功させるためのカギは、サービス継続性とは何であるかを考え、数ある監視ポイントの中で、どのようにシステムに適合した監視項目を策定するか、である。以降では、システムで必ず必要となる監視項目の定義を、どのように進めれば21世紀型の運用を実現できるかについて説明する。

サービスの監視とインフラの監視

一般的なシステム監視の項目は、多岐にわたって存在する。一例として、‘abc.com’というサービスを提供するサーバー群を図に示す。図1はシステムの全体像で、図2は‘abc.com’というサービスを提供する最低限の要素を抜き出したものになる。

図1 システムの全体像
図1 システムの全体像
図2  abc.comを提供するための最低限の要素
図2 'abc.com'を提供するための最低限の要素

図3-5は、Webサーバーはweb1、web2で、DBサーバーはdb1で構成されたシステムであり、それぞれのサーバーがおのおのhttpdやmysqldなど、abc.comというサービスを稼働させるためのプロセスを稼働させている。また、サーバー内部ではハードウェアが正常に稼働しており、リソースの利用状態にも問題がないものとする。

システムの監視については、「サービスの監視」「インフラの監視」の2種類に区分できる。それぞれの相違については、次の通りである。

  1. サービスの監視エンドユーザーが到達できるサービスの正常性を確認し続けるこ と。
  2. インフラの監視サービスを提供するサーバーやネットワーク機器など、サービス 提供に必要な要素の稼働状況を確認し続けること。

例えばabc.comという、とある商品販売サービスを提供するシステムを監視する場合、http://abc.comへの定期的なアクセス、定期的な商品購入、キャンセル、返品処理などが正常に実行できるかどうかをモニタリングする。これが「サービスの監視」にあたる。

一方、abc.comを表示するためのサーバー内部の状況、例えばロードアベレージ(付加平均)の状況、httpdのプロセス存在確認、ネットワーク機器の稼働確認などは「インフラの監視」と分類できる。

「サービスの監視」とは、言い換えれば、ユーザー目線での監視である。

最低限、この「サービスの監視」を実施していれば、サービス継続性の監視は実施できていると定義できる。

  • 1
著者
株式会社アールワークス
1985年に株式会社アステックとして創業。2000年10月の株式会社アールワークス設立を経て、2005年6月より現在の1社体制に移行。同時に、社名を(株)アールワークス(Rworks, Inc.)に変更。
設立以来、IDC事業やITマネージドサービスを行い、そこで培ったネットワークインフラの運用ノウハウや、さまざまなソフトウェアを開発した技術力を結集し、現在、ITシステムのリモート運用サービスをはじめとして、インフラ構築、ハウジングやホスティングサービス、SaaS/ASP型のシステム監視基盤の提供を行う。単純なオペレーターではない技術提供をベースにした24時間365日の統合的なフルマネージドサービスを提供している。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています