PR
連載 :
  Windows 10 Tips

Windows.oldフォルダーなどの不要なファイルを削除する

2015年10月26日(月)
塩田 紳二(しおだ しんじ)

以前のバージョンのWindowsが保存してある「Windows.old」フォルダーは、通常の削除処理では消すことができないため、「ディスククリーンアップ」を利用します。基本的にはこれで削除が可能なはずですが、Windows 10の場合、一部のファイルが残ってしまうことがあります。この場合には、「回復オプションのコマンドプロンプト」を開き、“rmdir /s”コマンドでファイルを削除できることがあります。

「Windows.old」フォルダーの削除

Windows 10を「完全アップグレード」などでアップグレードした場合、「Windows.old」などにWindows 7/8のファイルがすべて残っており、これが大きな容量を占有しています。この部分は、Windows 10とは完全に切り離されているため、外部ドライブやネットワークドライブにバックアップ可能です。

ファイルを削除してバックアップ対象の領域を小さくすることは、必要なことですが、なんでもかんでも削除してしまうことは、取り返しのつかない結果になる可能性があります。その点で、Windows.oldを考えもなしに削除することは危険なのですが、状況を理解して、必要なファイルを別の場所にコピーしたあとでなら、Windows.oldファイルを消してもいいでしょう。ただし、ここにはWindows 10のシステムファイルと同名のものが含まれており、エクスプローラーからの削除ではうまく削除できません。

Windows.oldを削除するには、Windows 10付属の「ディスククリーンアップ」機能を使います。これは、スタートメニュー(あるいはスタート画面)の「すべてのアプリ」リストの「Windows管理ツール」にあります。このツールは起動すると、不要なファイルのスキャンを開始するため、ダイアログボックスが表示されるまで、かなり時間がかかるので注意してください。具体的な手順は以下のようになります。

(1)「すべてのアプリ」の「Windows管理ツール」

Windows管理ツールを起動します。

(2)「ディスククリーンアップ」の起動

ファイルをスキャンするため、しばらく時間がかかります。

(3)システムファイルのクリーンアップ

ウィンドウ(ダイアログボックス)が開いたら「システムファイルのクリーンアップ」ボタンを押します。再度ファイルをスキャンするため、ウィンドウが開くまで時間がかかります。

(4)「以前のWindowsのインストール」を選択

対象リストから「以前のWindowsのインストール」チェックボックスをオンにします。「OK」ボタンを押すと削除が始まります。

もし、Windows.oldで消せないファイルが残っているようでしたら、「回復オプションのコマンドプロンプト」を開き、“rmdir /s”コマンドでファイルを削除できることがあります。

C:¥> rmdir Windows.old /s

以上で、Windows.oldフォルダーを消すことが可能です。「ディスククリーンアップ」では、不要な項目と、それらが占有しているディスク容量が表示されるので、Windows.old以外にも不要なものがあれば、バックアップ前に削除しておくといいでしょう。基本的にディスククリーンアップで削除可能なファイルは、不要なものか、再構築可能なエクスプローラーのサムネイルキャッシュなどです。

著者
塩田 紳二(しおだ しんじ)
フリーランスライター
コンピュータ、ネットワーク、インターネット全般のフリーライター。雑誌編集者、電機メーカーを経て現職。インプレス、日経BPなどの専門誌やWeb雑誌での連載、記事企画協力などを行う。PDAからサーバーまでの技術解説や入門からシステム構築まで「ゲームとアダルト」を除く幅広い分野をカバー。著書多数あり。

連載記事一覧

Think IT会員サービスのご案内

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスのご案内

関連記事