PR
連載 :
  Windows 10 Tips

今すぐ! Windows 10のダウンロードとインストール

2015年8月10日(月)
塩田 紳二(しおだ しんじ)

Windows 10のTechnical Previewに参加されていた方は、製品リリースのだいぶ前からタスクバーにウィンドウフラグのアイコンが表示され、このアイコンをクリックすると、Windows 10へのアップグレードの予約を行うことができました。

ウィンドウフラグのアイコンをクリックすると、「Windows 10を入手する」ウィンドウが表示される。

図1:ウィンドウフラグのアイコンをクリックすると、「Windows 10を入手する」ウィンドウが表示される。

「Windows 10を入手する」というタイトルのウィンドウには、「間もなくWindows 10がアップグレードになりますが、段階的に行うので、準備ができたら連絡します」という旨のメッセージが表示されています。

「Windows 10を入手する」ウィンドウ

図2:「Windows 10を入手する」ウィンドウ

あくまでも予約でしたので、多くの皆さんが、「準備ができたら通知する」ボタンをクリックして、アップグレードの準備ができるのを、首を長くして待たれていたのだと思います。この予約ウィンドウは、相変わらず継続されていますが、製品リリース後、以下に示すWebサイトで「Windows 10ダウンロード」サイトも公開されました。

Windows 10のダウンロードサイト
https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10

※注意※

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------

無償アップグレード後に使用上の問題が発生しても、自己責任で対応するしかないので、トラブルへ対処できない方は、対象機種に対するWindows 10へのメーカーの対応が明確になるまで、アップグレードしないことをお勧めします。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------

先ほどの「Windows 10を入手する」ウィンドウの右上には、「windows.comで詳細を見る」という表示があります。実は、このリンクからも「Windows 10のダウンロード」サイトにたどり着けます。

図2、ウィンドウ右上にある「windows.comで詳細を見る」をクリックすると、以下のURLのページが表示されます。

http://www.microsoft.com/ja-jp/windows/windows-10-faq?ocid=win10_auxapp_LearnMore_win10faq

ここには、以下のようなFAQが掲載されており、「Windows 10のダウンロード」をご確認ください」と書かれています。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------

私はいつ無償アップグレードできますか?

「Windows 10 無償アップグレードの予約」を行った方向けに、7 月 29 日 (水) 以降順次配信しています。快適にアップグレードいただくために、総合的な状況を慎重に見ながら最大数週間かかる場合があります。予約を行った PC/タブレットのアップグレードの準備が確認でき次第、インストールに必要なファイルがバックグウランドで徐々にダウンロードされます。ダウンロードが完了したタイミングでアップグレードが可能である旨のデスクトップ通知が表示されます。 または、もしあなたが PC 習熟度が高く、また、互換性の有無に関係なく直ぐに Windows 10 にアップグレードしたい場合は、Windows 7 または、Windows 8/8.1 の正規ライセンスをもつ PC/タブレットで、Windows 10 のシステム要件を満たすデバイス向けに、Windows 10 へのアップグレードするためのメディアを作ることができます。詳しくは、 「Windows 10 のダウンロード」 をご確認ください。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------

この「Windows 10のダウンロード」のリンクをクリックすると、以下のURLのWebサイトが表示されます。
https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10

Windows 10のダウンロードサイト

図3:Windows 10のダウンロードサイト

「Windows 10のダウンロード」ページでは、このページをスクロールしていくと、「ツールを今すぐダウンロード(32ビットバージョン)」「「ツールを今すぐダウンロード(64ビットバージョン)という、ボタンが並んでいます。

Windows 10アップグレード用ツールのダウンロード。「ツールを今すぐダウンロード(XXビットバージョン)」をクリックすると、ツールがダウンロードされます。

図4:Windows 10アップグレード用ツールのダウンロード。「ツールを今すぐダウンロード(XXビットバージョン)」をクリックすると、ツールがダウンロードされます。

Windows 10のインストール用ツール

図5:Windows 10のインストール用ツール

ここでダウンロードできる実行ファイルは、以下の2つのWindows 10のインストール用ツールです。

ダウンロードされるファイル

  • 32ビット版:MediaCreationTool.exe
  • 64ビット版:MediaCreationToolx64.exe

実行環境に応じて、32ビット版か64ビット版を選びます。以下では、64ビット版を例にします。

MediaCreationToolx64.exeを実行すると、「Windows 10 セットアップ」ウィンドウが開き、以下の2つの選択肢が表示されます。

  • ツールをダウンロードした先のPCでWindows 10にアップグレードする
  • Windows 10のインストールメディアを作成する
「今すぐアップグレード」と「インストールメディアの作成」

図6:「今すぐアップグレード」と「インストールメディアの作成」

ここでは、Windows 10のインストール用メディアを作成してみます。「他のPC用にインストールメディアを作る」のラジオボタンをチェックし、「次へ」ボタンをクリックします。

次の画面で、「言語」、「エディション」、「アーキテクチャ」を選びます。

言語、アーキテクチャ、エディションの選択

図7:言語、アーキテクチャ、エディションの選択

言語各国語から選択
エディションWindows 10 Home 、Windows 10 Proのどちらか
アーキテクチャ32ビット、64ビット、両方のいずれか

ここでは、日本語、Windows 10 Home、両方を選び、「次へ」ボタンをクリックします。

日本語の選択

図8:日本語の選択

エディションとしてHomeを選択

図9:エディションとしてHomeを選択

アーキテクチャとして両方を選択

図10:アーキテクチャとして両方を選択

USBフラッシュドライブによるインストールメディアの作成

次に使用するメディアを選びます。32ビット版と64ビット版の両方を選んだので、6GBは必要とメッセージが表示されてます。「USBフラッシュドライブ」を選びます。実際に使用したUSBメモリは、8GBのものです。「次へ」ボタンをクリックします。

アーキテクチャが1つの場合:少なくとも3GB必要、アーキテクチャが両方を選んだ場合、少なくとも6GB必要。

図11:アーキテクチャが1つの場合:少なくとも3GB必要、アーキテクチャが両方を選んだ場合、少なくとも6GB必要。

ドライブを選択して(G:(ラベルなし))、「次へ」ボタンをクリックする。

図12:ドライブを選択して(G:(ラベルなし))、「次へ」ボタンをクリックする。

ダウンロード中の画面

図13:ダウンロード中の画面

ダウンロード時間は、回線速度に依存します。100Mbpsのブロードバンドなら、数分でダウンロードは完了すると思います。そのあとの、Windows 10のメディアの作成には、15分ぐらい必要です。いずれも、回線速度、プロセッサやメディアの性能に依存します。

ファイルのダウンロードが終了すると、自動的にインストールメディアの作成に入ります。

メディア作成中の画面

図14:メディア作成中の画面

Windows 10インストール用のUSBフラッシュドライブの作成が終了しました。

「完了」ボタンをクリック

図15:「完了」ボタンをクリック

画面左下の「次の手順」をクリックすると、以下のURLが開かれます。

http://windows.microsoft.com/ja-JP/windows-8/boot-install-partition-media-usb-dvd?ocid=W8_setup_partition

このWebサイトには、Windows 10のインストール時の注意事項などが書かれています。

Windowsのインストールに関する注意事項

図16:Windowsのインストールに関する注意事項

DVDインストールメディアの作成

「ISOファイル」を選んだ場合は、以下の画面が表示されます。

ISOファイルを選択

図17:ISOファイルを選択

インストール用DVDの作成

図18:インストール用DVDの作成

Windows 10のデータがダウンロードされ、Windows.isoファイルが作成されています。

Windows.isoの確認

図19:Windows.isoの確認

図18の画面に表示された「DVD書き込み用ドライブを開く」をクリックすると、「Windows ディスクイメージ書き込みツール」が起動されるので、「書き込み後のディスクの確認」にチェックを入れ、「書き込み」ボタンをクリックします。「32ビットと64ビットの両方を選んだ場合は、8.5GB(片面二層)のDVD-Rが必要です。

Windowsディスクイメージ書き込みツール

図20:Windowsディスクイメージ書き込みツール

インストールメディアでアップデートする

Windows 10へのアップデートでは、Windowsのデスクトップ環境から、インストールメディアのルートディレクトリにある“setup”を実行します(作成したインストールメディアでブートすると、新規インストールとみなされます)。

アップグレード、その後

実際にノートPC、タブレット、自作PCなど数機種のWindows 7、Windows 8.1のPCをWindows 10にアップグレードしてみたところ、いずれも対処は可能でしたが、アップグレード後に何の問題もなかったマシンは、1台もありませんでした。

問題の多くは、ソフトウェアの互換性です。チップセットのドライバがインストールできない、ATOKのバージョンが古く、モダンUIに対応していない、アプリケーションがバージョンチェックで起動できない、といった問題が発生しました。時代が古くなるほど、この傾向は強くなります。場合によっては、古いデバイスの機能をWindows 10では利用を諦めることになるかもしれません。

Windows 10自体は、実行時のフットプリントも小さくなり、CPUの性能や必要なメモリ容量、ディスク容量は、Windows 7と同等です。アプリケーションが動作しないのであれば、バージョンの新しいもの、あるいは代替アプリケーションを選ぶことは可能です。しかし、固有のハードウェアに依存したドライバの問題は、メーカーの対応を待つしかありません。XP、Vista、7、8と、OSのアップグレードのときにはいつもそうですが、事前に十分な情報収集と対応策は考えておく必要があります。

著者
塩田 紳二(しおだ しんじ)
フリーランスライター
コンピュータ、ネットワーク、インターネット全般のフリーライター。雑誌編集者、電機メーカーを経て現職。インプレス、日経BPなどの専門誌やWeb雑誌での連載、記事企画協力などを行う。PDAからサーバーまでの技術解説や入門からシステム構築まで「ゲームとアダルト」を除く幅広い分野をカバー。著書多数あり。

連載記事一覧

Think IT会員サービスのご案内

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスのご案内

関連記事