PR

データセンター運用を最適化するDMC

2009年8月6日(木)
松原 裕典

手動プロセスを削減して限られたリソースを有効活用できる

 組織統合などに合わせて管理ソリューションを実装するようなケースでは、システム統合の責任は管理者が負うことになります。この場合、全体的な管理コストの削減が重要なテーマですが、運用管理ツールをベンダー独自の製品に縛られてしまうと、余計な運用コストを計上することになりかねません。

 デルでは、基本ハードウエア管理機能を備えた管理フレームワークを提供するとともに、プラグインモジュールを使用することで、高度な機能を拡張していくことも可能です。直感的なインターフェースは各モジュールに共通で、データソースも共有されるため、ニーズの変化に合わせてすばやく拡張できます。これにより導入時間を短縮し、全体的な管理コストを引き下げることができます。

 また、DMCでは手動プロセスの数を削減しているため、日常業務にかける時間と経費を節約し、 限られたリソースをより革新的な企業努力に向けることができます。

 ITILのフレームワークをベースとして設計されたDMCですが、先に述べた基本的な管理機能以外に、追加可能なプラグインモジュールとしてシマンテック社のAltirisサーバー Management Suiteという製品があります。

 Altiris サーバー Management Suiteはサーバーのライフサイクル全体を簡素化するために設計されたもので、以下の機能が追加されます。

・ベアメタルイメージング
・デプロイメントと設定
・ハードウエアとソフトウエアの総合的なインベントリ
・ポリシーベースのソフトウエア管理
・自動化されたパッチ管理
・リアルタイムの診断および修正
・可用性とパフォーマンスの監視、など

 主な利点は、正確なインベントリレポートを使用した、より多くの情報に基づく意思決定が可能な点です。また、一貫して標準化されたテスト済みのサーバー構築によりセキュリティーの向上を実現し、自動化されたサーバープロビジョニングによるサーバー構築時間の短縮化が可能です。さらに最新のパッチが適用され、標準化されたサーバーを配備することで、トラブルシューティングの時間も短縮されます。

サービス要件によって運用管理機能を使い分ける

 DMCはデータセンター運用業務の効率化につながる有効な情報を提供しますが、要件に合わせてカスタマイズ可能なため、トラブルシューティングを複雑にするようなことはありません。

 しかし、全体的な管理コスト削減へのシナリオを構築するには、ソフトウエアベンダーより提供される統合運用管理ツールとの役割を明確な切り分けることや、ITリソースを一元化しながら、複雑な運用タスクを標準化していくことが必要です。

 例えば、システム運用管理製品としてよく利用されているジョブ管理やバックアップ、さらにはITサービスとして実行するヘルプデスク機能や、サービスレベルを管理する機能などはDMCに含まれません。これらの機能は、すべてのデータセンターに要求されるタスクではないため、ITのサービス要件によって、実装する運用管理機能は異なります。

 基本コンポーネントが提供する機能として、ネットワーク上のデバイスを自動検出し、インベントリ情報として簡単に取り込みます。各種デバイスを検出するため、業界標準のプロトコルに対応しています。管理ポリシーに沿って、必要な条件のみを選択することができるので、システムやネットワークに余計な負荷がかかりません。

デル株式会社
ラージ・エンタープライズ マーケティング ジャパン・マーケティング本部 ブランド マネージャー 1997年、デル入社。市場開発部マネージャー、PowerEdgeのプロダクトマネージャーやアライアンスマネージャーを歴任後、現職。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています

データセンター運用を最適化するDMC | Think IT(シンクイット)

Think IT(シンクイット)

サイトに予期せぬエラーが起こりました。しばらくたってから再度お試しください。