PR

データセンター運用を最適化するDMC

2009年8月6日(木)
松原 裕典

データセンターの運用を強力にサポートするDell OpenManage

 今日のデータセンター運用管理には多くの時間やリソース(資源)が無駄遣いされています。本連載ではそういった課題を解決するために仮想化を使ってどんなアプローチを行っていくべきか、デルの取り組みを例に挙げて解説していきます。

 デルでは「Simplify IT」というコンセプトのもと、ITのシンプル化を推進しています。シンプルなシステム運用サポートのための管理フレームワークとしてデルが提供しているのが「OpenManageシステム管理ソフトウエア」です。

 OpenManageシステム管理ソフトウエアは、ディプロイメント(導入/展開)からモニタリング(監視)、変更管理までをカバーし、システム管理・監視およびリモート運用・制御を可能とする総合的な管理ツールで、ハードウエアプラットフォームのスムーズな運用をサポートします。PowerEdgeサーバーに標準添付されており、Webサイト(http://www.jp.dell.com/support)からも無償でダウンロードできます。

 これによって、IT運用の維持に充てる時間やリソースが低減され、ビジネスの成長に専念できる、という考え方です。

サーバー、ストレージをシンプルに管理するDMC

 仮想化技術の進歩に伴い、今やサーバー統合、ストレージ統合といったアプローチがITリソースの有効活用を実現し、IT戦略の中核としてとらえられるようになりました。コスト削減効果の期待もあり、導入も活発化しています。しかし、データセンターの課題とされている運用管理コストは、仮想化技術の進歩により、仮想化環境のリソースの管理やワークロードの管理といった、新たな課題をIT管理者に突きつけたといえます。今後は、新規仮想化インフラと、既存の物理サーバー環境の混在が拡大し、ITリソースとして管理する対象は複雑化していくでしょう。

 Dell Management Console(以降DMC)は、データセンターの運用ライフサイクルに沿った形でデータセンター管理者の運用タスクをサポートする非常に便利な機能です。

 DMCでは、シマンテック社の管理製品を改良し、基本的なハードウエア管理からアプリケーション、 高度なエンタープライズ管理といったニーズに対応する運用基盤が提供されます。導入やインベントリ、監視、ITインフラストラクチャの更新などを単一画面で管理できるほか、構成DBによるインベントリ情報を活用した、カスタマイズ可能なレポート機能など、より高度な管理機能の基礎を作ります。シンプルなモジュール型ソリューションは、データセンター要件に合わせた管理タスクを実行し、シンプルなライフサイクル管理によって、管理者の負担を低減するといった変化をもたらします。

 独自調査ですが、DMCを他社のソリューションと比較した場合、重要な管理タスクを実行する上で他社ソリューションでは9つ以上のコンソールが必要なのに対し、DMCでは単一のコンソールで十分であるという検証結果も出ています(調査レポート/英語:http://resources.searchcio.com/document;5135925/document_abstract.htm)。

デル株式会社
ラージ・エンタープライズ マーケティング ジャパン・マーケティング本部 ブランド マネージャー 1997年、デル入社。市場開発部マネージャー、PowerEdgeのプロダクトマネージャーやアライアンスマネージャーを歴任後、現職。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています