PR

OpenOfficeプロジェクトが終焉へ、Red Hatが「Red Hat OpenStack Platform 9」を提供開始、ほか

2016年9月9日(金)
吉田 行男
OpenOfficeプロジェクト代表のハミルトン氏は9月1日、同プロジェクトの現状を訴えるメールを開発者MLに投稿しました。

こんにちは、日立ソリューションズの吉田です。

すべてのものに終わりがあるように、オープンソースのプロジェクトにも終わりがあります。今週のニュースになったのは「OpenOffice」でした。昨年にも脆弱性対応が迅速に行えていないことが話題になっていましたが、いよいよ終焉の協議を始めたようです。

今週もOSSに関する注目すべきトピックをとりあげましたので、ゆっくりとご覧下さい。

OpenOfficeプロジェクト、終焉へのカウントダウンが始まる

OpenOfficeプロジェクトの代表を務めるデニス・ハミルトン氏は9月1日、「Apache OpenOfficeプロジェクトは、プロジェクトとしてエネルギッシュな活動を続けるにはそのキャパシティに限界がある」―こんな書き出しで始まるメールをOpenOffice開発者メーリングリストに投稿しました。ハミルトン氏は続けてOpenOfficeプロジェクトが深刻な開発者不足に直面しており、このままではApacheプロジェクトとして存続していくために必要な「The Apache Project Maturity Model(Apacheプロジェクトの成熟モデル)」の要件を満たせない、という現状を訴えています。

(参照記事:http://gihyo.jp/admin/clip/01/linux_dt/201609/05

JavaScriptをOCamlから生成するトランスパイラ「BuckleScript 1.0」、米ブルームバーグがオープンソースで公開

金融情報などを提供する米国ブルームバーグ社は9月1日、OCamlのコードからJavaScriptのコードを生成するトランスパイラ「BuckleScript 1.0」をオープンソースで公開しました。「BuckleScript」はTypeScriptやBabelJSなどからインスパイヤを得て開発されたと説明されていますが、最大の特徴はTypeScriptなどが独自の構文を備えているのに対し、BuckleScriptは既存の言語であるOCamlを採用していることです。OCamlはオブジェクト指向型と関数型の両方を備え、特に海外では金融系システムの開発でよく使われているプログラミング言語です。

(参照記事:http://www.publickey1.jp/blog/16/javascriptocamlbucklescript_10.html

米Facebook、自社ストレージエンジンとMySQLを組み合わせた「MyRocks」を発表

米国Facebook社は8月31日、自社のストレージエンジン「RocksDB」をMySQLに組み合わせた「MyRocks」を発表しました。永続的キーバリューストアのRocksDBをMySQLのバックエンドエンジンとして利用できるもので、既に社内でも利用しているそうです。RocksDBはFacebookが2013年に発表したオープンソースプロジェクトで、同社はMySQLを利用してペタバイト級のデータを管理しています。これまで「いいね!」ボタンやコメント共有などのアクティビティ提供にはInnoDBストレージエンジンを利用してきましたが、フラッシュストレージ利用時などにInnoDBの性能と信頼性に制限があることから開発に至りました。Facebooはすでにフラッシュストレージ向けのRocksDBをオープンソースで公開していますが、今回発表されたMyRocksはRocksDBをMySQLのストレージエンジンとして統合するものとなります。

(参照記事:https://osdn.jp/magazine/16/09/07/160000

Red Hat、Mitakaベースの「Red Hat OpenStack Platform 9」

米国Red Hat社は8月31日、OpenStackディストリビューションの最新版「Red Hat OpenStack Platform 9」の提供を開始しました。同製品は2016年4月に公開されたOpenStackの「Mitaka」リリースをベースに「Red Hat Enterprise Linux(RHEL)7.2」を基盤として構築。分散ストレージソフトの「Red Hat Ceph Storage 2」やハイブリッドクラウド管理ツール「Red Hat CloudForms」と統合されたクラウドプラットフォームを提供します。また「Red Hat OpenStack Platform Director」によるOpenStackの自動アップデートおよびアップグレードの仕組みを導入し、ライブマイグレーションの改善やコンピュートコンポーネント「Nova」から選択可能なCPUピニング機能、ブロックストレージコンポーネント「Cinder」のGogle Cloud Storageへの対応などが行われています。

(参照記事:http://cloud.watch.impress.co.jp/docs/news/1018745.html

Google、「Closure Compiler」のJavaScript版を実験公開

米国Google社は8月31日、JavaScript最適化のためのコンパイラ「Closure Compiler」のJavaScript版を実験公開しました。JavaScriptでJavaScriptコードの最適化が行えるようになります。Closure CompilerはJavaScriptコードのサイズ削減や実行速度を高速化する最適化ツールで、Googleのサービスのほぼすべてで使われていると言われています。入力としてJavaScriptコードを与えると最適化されたJavaScriptコードが出力されるというもので、トランスパイラや型チェッカー機能も備えています。Googleによって2009年に公開され、ライセンスはApache License 2になります。

(参照記事:https://osdn.jp/magazine/16/09/06/160000

編集後記

リオデジャネイロでは、オリンピックに続きパラリンピックが開幕しました。日本からも100名を超える多くの選手が参加しています。
障がいにも負けないでスポーツをする姿は感動的です。ぜひ、皆さんもテレビで観戦してみてはいかがでしょうか?

株式会社日立ソリューションズ
2000年頃より、Linuxビジネスの企画を始め、その後、オープンソース全体の盛り上がりにより、Linuxだけではなく、オープンソース全般の活用を目指したビジネスを推進している。
現在の関心領域は、OpenStackを始めとするクラウド基盤、ビッグデータの処理基盤であるHadoop周辺及びエンタープライズでのオープンソースの活用方法など。
 
株式会社日立ソリューションズ 技術開発本部
オープンソース技術開発センタ 主管技師

連載バックナンバー

OSSコラム

SQL Server v.Next CTP 1.3 Linux版も含めて公開、GoogleのTensorFlowが1.0に、ほか

2017/2/24
OSS界隈に造詣が深い吉田行男氏が、この一週間に起きたOSS業界の注目すべきトピックをセレクトして、お届けします。
OSSコラム

MSが「Azure IP Advantage」を発表、インテル「BigDL」をオープンソース化、ほか

2017/2/17
OSS界隈に造詣が深い吉田行男氏が、この一週間に起きたOSS業界の注目すべきトピックをセレクトして、お届けします。
OSSコラム

「LibreOffice 5.3」公開、UIプロジェクト「MUFFIN」を初導入、ほか

2017/2/10
OSS界隈に造詣が深い吉田行男氏が、この一週間に起きたOSS業界の注目すべきトピックをセレクトして、お届けします。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています