PR

TISが「AWS監視テンプレート」の拡張開発サービスと保守サポートサービスを提供開始、ほか

2016年9月2日(金)
吉田 行男
TISは26日、「Zabbix」を活用した「AWS監視テンプレート」の拡張開発サービスと保守サポートサービスを提供開始しました。

こんにちは、日立ソリューションズの吉田です。

8月25日のLinux誕生日の余韻で、その後のいろいろなニュースが流れました。「当初のLinuxからは機能が大きく変化しながらも、本質的には何も変わっていない」という論調です。このあたりが「OSSならでは」の特徴ではないでしょうか。

今週もOSSに関する注目すべきトピックをとりあげましたので、ゆっくりとご覧下さい。

TIS、Zabbixを活用した「AWS監視用テンプレート」の拡張開発サービスと保守サポートサービスを提供

TISは8月26日、OSSの統合監視ツール「Zabbix」を活用した「アマゾン ウェブ サービス監視テンプレート(以下、AWS監視テンプレート)」の拡張開発サービスと保守サポートサービスの提供開始を発表しました。AWS監視テンプレートは、AWSの監視サービスである「Amazon CloudWatch」のデータや、AWSの各種サービスで発生するイベント情報をZabbixで統合監視できるOSS公開版テンプレートです。通常のZabbixでの監視に加え、AWSのサービス監視も統合的な管理が可能なため、クラウドとオンプレミスのハイブリッド環境でのAWS利用システムの稼働状況を、より多角的な視点から監視できます。

(参照記事:http://cloud.watch.impress.co.jp/docs/news/1016772.html

ミラクル・リナックス、「Mozilla Firefox法人向けサポートサービス」を提供開始

ミラクル・リナックスは、一般社団法人Mozilla Japanと「Mozilla Firefox法人向けサポートサービス」の代理店契約を締結し、同サポートサービスの販売を9月1日に開始することを発表しました。ミラクス・リナックスでは、社内システムがIE8以降の対応に間に合っていないなどの理由から、社内システムにはこれまでどおりIE8を使用し、SaaSの利用や社外アクセスには最新のMozilla Firefoxを併用することで企業の抱える課題を解決するケースが増加していると説明。こうした状況を受けて、Mozilla Firefox法人向けサポートサービスを提供することで法人のMozilla Firefox導入・活用を推進し、ビジネス・業務でのセキュリティ強化と利便性向上を支援します。

(参照記事:http://cloud.watch.impress.co.jp/docs/news/1017622.html

SCSK、Azure上でのIoTデータ分析環境構築サービス

SCSKは8月29日、IoTベンダー各社が提供するIoTプラットフォームサービスを使い、収集したデータをマイクロソフトのクラウド「Microsoft Azure」(以下、Azure)に蓄積し、自動制御・分析を行う上で、レッドハットのビジネスルールマネージメントシステム(以下、BRMS)である「Red Hat JBoss BRMS」をAzure上で利用するためのソフトウェア・サブスクリプション&サポートおよび構築サービスと、データ利活用のコンサルティングサービスを9月1日から提供開始すると発表しました。

(参照記事:http://news.mynavi.jp/news/2016/08/29/125/

ミドクラジャパン、IaaS向けネットワーク仮想化ソリューションの最新版を発表

ミドクラジャパンは8月24日、ミドクラ・エンタープライズ・ミドネット(MEM)の最新リリースを発表しました。MEMはIaaS向けのネットワーク仮想化ソリューションで、最新版では複数拠点間のOpenStackベースのクラウド接続性でより安定した仮想ネットワーク環境を提供します。また拡張性、操作の簡易性およびセキュリティを強化したほか、ルータピアリングによるマルチクラウド接続性やファブリックトポロジー対応の「MEM Insights」、コンテナオーケストレーションとの統合、さらなるメモリ使用の効率性な追求などが加えられています。

(参照記事:http://japan.zdnet.com/svc/nls/?id=35088001

ownCloudから分離したnextcloudプロジェクト、2要素認証をサポートした「Nextcloud 10」をリリース

独Nextcloud社は8月24日、オープンソースのファイル同期・共有ソフトウェア「Nextcloud 10」の公開を発表しました。Nextcloud 10は6月に公開されたバージョン9に続く最新版で、システム開発関連の機能強化や2要素認証の導入などを行っています。「Nextcloud」はオープンソースのファイル同期・共有ソフトウェア「ownCloud」からフォークして生まれたプロジェクトで、ownCloudを立ち上げた主要開発者が中心となってスタートしました。

(参照記事:https://osdn.jp/magazine/16/08/29/150000

編集後記

先週からのトリプル台風の影響で、北日本では甚大な被害が出ているようです。また、熊本では地震が発生するなど、相変わらず自然の驚異を感じる1週間でした。
9月に入って、少しは過ごしやすい日々が来ることを切に願う、今日この頃です。

株式会社日立ソリューションズ
2000年頃より、Linuxビジネスの企画を始め、その後、オープンソース全体の盛り上がりにより、Linuxだけではなく、オープンソース全般の活用を目指したビジネスを推進している。
現在の関心領域は、OpenStackを始めとするクラウド基盤、ビッグデータの処理基盤であるHadoop周辺及びエンタープライズでのオープンソースの活用方法など。
 
株式会社日立ソリューションズ 技術開発本部
オープンソース技術開発センタ 主管技師

連載バックナンバー

OSSコラム

SQL Server v.Next CTP 1.3 Linux版も含めて公開、GoogleのTensorFlowが1.0に、ほか

2017/2/24
OSS界隈に造詣が深い吉田行男氏が、この一週間に起きたOSS業界の注目すべきトピックをセレクトして、お届けします。
OSSコラム

MSが「Azure IP Advantage」を発表、インテル「BigDL」をオープンソース化、ほか

2017/2/17
OSS界隈に造詣が深い吉田行男氏が、この一週間に起きたOSS業界の注目すべきトピックをセレクトして、お届けします。
OSSコラム

「LibreOffice 5.3」公開、UIプロジェクト「MUFFIN」を初導入、ほか

2017/2/10
OSS界隈に造詣が深い吉田行男氏が、この一週間に起きたOSS業界の注目すべきトピックをセレクトして、お届けします。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています