PR

メモ帳アプリとして大活躍!今さら聞けない「Evernote」とは

2016年11月9日(水)
TechAcademy

メモ帳からスケジュール管理など様々な使い方ができるEvernoteとは。

海外のサービスなため使ったことがない日本人の方も多いかと思いますが、非常に便利でEvernoteに切り替える方も多々見受けられます。

仕事の作業効率も上がり、プライベートでも役立つツールなので、ぜひ知っておきましょう。

Evernoteとは

Evernoteは無料から使用できるオンラインストレージサービスです。ノートを取るような形でドキュメントを保存していき、それらをパソコン・スマートフォン・タブレットでいつでも使用・同期することができます。

使いやすく多機能なテキストメモエディタや、お気に入りの記事をクリップしておける拡張機能などが特徴です。

en_expl_1

機能

ノート

Evernoteの基本機能で、アプリケーション内でテキストメモを作成します。画像や表などの挿入も可能です。

en_expl_2

ノートブック

ノートを複数入れておけるフォルダのような役割です。カテゴリごとに分けることによってノートの整頓を行うことができます。

en_expl_3

チェックボックス

ノート内にToDoの管理をするチェックボックスを簡単に作成することができます。

en_expl_6

共有機能

作成したノートをFacebook・TwitterなどのSNSやメール・リンク作成などで他の人に共有することができます。

en_expl_7

料金

Evernoteは料金プランによって容量の制限が異なりますが、ストレージ全体の容量ではなく1ヶ月にどれだけの容量をアップロードできるかで区分けされています。

月間のアップロード容量の確認画面です。その月に使用した容量と残り日数が表記されています。(容量がリセットされるタイミングはアカウントが作成された日付に関連します)

en_expl_4

その他同期できる端末の数など、色々な違いがあります。

プランにはベーシック・プラス・プレミアムの3種類があります。

en_expl_5

ベーシック

料金:無料

月間アップロード容量:60MB
テキストメモが中心の場合は問題ありませんが、画像などを大量に使用するときは少し注意が必要です。

同期できる端末:2
この制限にはWebブラウザ版は含まれないため、ブラウザ版を使用すると制限に関係なく複数の端末で使用できます。アプリケーション版のインストールはスマートフォンやタブレットにするのがお勧めです。

プラス

料金:月額360円/年額3100円

月間アップロード容量:1GB
テキスト・画像に関してはほぼ気にせず利用することができます。動画も短いものであればいくつかアップロード可能です。

同期できる端末:制限なし
使用しているPC・スマホ・タブレット全てで同期できます。

プレミアム

料金:月額600円/年額5200円

月間アップロード容量:10GB
以前は無制限とされていましたが、10GBに規定されました。動画なども充分に管理が可能です。

同期できる端末:制限なし
使用しているPC・スマホ・タブレット全てで同期できます。

以上、Evernoteについて説明しました。

有料プランもありますが、仕事メインで利用されない方は無料で十分活用できるでしょう。機能も多く使ったことがない人でも手軽に利用できるので、ぜひ使ってみてください。

また、Evernoteの使い方についても合わせてご覧ください。

[お知らせ]TechAcademyでは初心者でも最短4週間でエンジニアになれるオンラインブートキャンプを開催しています。これからプログラミングを学んでみたいという人はぜひご覧ください!


TechAcademyマガジンは、オンラインのプログラミングスクールTechAcademyが運営する教育×ITに関するWebメディアです。トレンドや最新情報など役に立つ記事を発信しています。
https://techacademy.jp/magazine/

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています