PR
連載: 

XenServer 5.5によるサーバー仮想化を体験しよう!

2009年8月24日(月)
平田 敦

ハードウエアの準備とダウンロード

 今回は、「第1回:企業の仮想化を加速するCitrix XenServer(http://thinkit.jp/article/999/1/)」で紹介したCitrix XenServer(無償版)の最新バージョンであるCitrix XenServer 5.5、Citrix XenCenterをインストールし、XenServer上でWindows仮想マシンを作成するまでの流れを説明します。

 XenServerのインストールから実行までにかかる時間は約10分と、非常に簡単です。また、直観的で操作性の高い管理コンソール、XenCenterを使用して、数百もの仮想マシンを一元的に管理することができます。このインストールと管理の容易性は、XenServerを選択するメリットの一つです。

 それでは、XenServerによるサーバー仮想化体験を行うための手順についてステップ・バイ・ステップで進めていきましょう。

 はじめに、XenServer、XenCenterをインストールするため、2台の物理x86コンピューターを用意します。一方をXenServerホストとして使用し、もう一方でXenCenterを実行します。それぞれのシステム要件とインストール要件は図1-1をご参照ください。

 無償版のXenServerとXenCenterのダウンロードは、ダウンロードサイト(http://www.citrix.co.jp/products/xenser/download.html)から行います。
 今回は、このサイトを経由してXenServer 5.5 のインストールCDイメージ(XenServer-5.5.0-install-cd.iso)と日本語XenCenterのMSIパッケージ(XenCenter.ja.msi)をダウンロードします。

XenServer 5.5のインストール手順

 XenServer 5.5 のインストールCDイメージ(XenServer-5.5.0-install-cd.iso)には、XenServerホストを物理コンピューター上に構成し、Windows仮想マシンを作成するために必要な基本パッケージが含まれています。

 今回は、ダウンロードしたXenServer 5.5のインストールCDイメージから作成したインストールCDでインストールを行いますが、それ以外にもネットワーク上にTFTPサーバーを用意し、PXEブートを使用してインストールすることもできます。

(1)物理コンピューターをインストールCDから起動します。「Welcome to XenServer」の画面が表示されたら[Enter]キーを押下してインストールを開始します(図1-2参照)。

(2)起動メッセージの後、ハードウエア検出と初期化が実行され、インストールに使用するキーマップを選択する画面が表示されます。使用するキーマップとして[jp106]を選択して[OK]を選択します。
 これ以降のインストール画面では、以下のキーを使って操作します。
・各要素間の移動:[TAB]キーまたは[ALT+TAB]キー
・各要素の選択:[SPACE]キー
・次画面に移動:[F12]キー

(3)「Welcome to XenServer」画面にて[Install or upgrade XenServer Host]を選択して[OK]を選択、XenServerのインストールを進めます(図1-3参照)。

 次のページでは、XenServerのインストールウィザードでの設定内容についてポイントをまとめます。

シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社
外資系サーバーベンダーのシステムエンジニアを経て、2004年にシトリックスに入社。テクニカルサポート部にて、社内、社外のエンジニアに対する新製品の技術支援や技術トレーニングを行うプロダクトサポートスペシャリストとして従事した後、現在は、マーケティング本部で、プロダクトマネージメント、テクニカルマーケティング、新製品のレディネス業務などを担当。

Think IT会員サービスのご案内

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスのご案内

関連記事