PR

3ステップでどんどんアイデアが沸いてくる!「ブレストカード」でカヤック式発想法を体験

2018年7月26日(木)
ほんだゆかり

バズるコンテンツを次々生み出し続けている「面白法人カヤック」。同社の企画は、すべてが「ブレインストーミング(ブレスト)」から生まれているそうだが、そのブレスト・エッセンスをぎゅうっと詰め込んだカードゲーム「ブレストカード」のワークショップ「面白法人カヤック『ブレストカード』ワークショップ IN コワーキングスペース ジブンオフィス Colony(静岡市)」が6月29日に開催された。主催は静岡市で活動しているシステムエンジニアのコミュニティ「Tech First Shizuoka」だ(後援しずおかオンライン)。

ブレストカードとは

ブレストカードは、数多くの人気Webコンテンツやひねりのきいた広告企画などを手がけるカヤックが社内で行っているアイデア発想法をカードゲームとして発売したもの。イラスト100枚の「発想カード」と「乗っかりチップ」のセットで、ビジネス現場最前線でのアイデア出しはもちろん、チームワークの向上や頭の体操、ひいてはポジティブな人生にまで有効だという。

面白法人カヤックの「ブレストカード」。イラスト入りのカードが100枚

ブレストカードとセットの「乗っかりチップ」。アイデアへの乗っかり力を高める

ワークショップに先立ち、カヤックの氏原 大氏がブレストカードをレクチャー。ゲームの基本ルールは簡単だ。1グループ4、5人でテーマを決め、まず順番に発想カードを1枚ずつ引いていく。自分が引いたカードに描かれたイラストとテーマを掛け合わせて、テーマに沿ったアイデアをひねり出しメンバーに発表する。カードを引いてから発表するまでの制限時間は30秒! 時間も短いうえに、100枚の発想カードにはクマのダンスや跳ねる布団といった奇想天外なイラストが描かれており、パッと見ただけではテーマと繋がるようにも思えない。アイデア出しのポイントは「質より量」ということで、その内容はこじつけでもOK。とにかく「発表する」ことが大切なのだ。

面白法人カヤック 内部監査室 氏原 大氏

ルール説明①:山札から2枚カードを引き、テーマに沿ったアイデアをメンバーに話す

ブレストには大きく3つの効果があるという

全員がアイデアを出したところで、ゲームはセカンドステージへ。出てきたアイデアから気になるものに「乗っかりチップ」を乗せて「他人のアイデアに乗っかる」。「乗っかる」とは、元のアイデアを自分のアイデアで膨らませること。こうして次々とアイデアを量産していくのがブレストカードの仕組みで、ゲームの勝ち負けは量産されたアイデアをメンバー同士で採点して決まる。

7種類の乗っかりチップには役割が決められている。役割に沿った言動が求められるのだ

ルール説明②:「とにかく乗っかる」こと。乗らずしてブレストはどこへも向かえない

氏原氏のレクチャーを受ける参加者たち。この時点ですでにブレストの下地は整いつつあった

ブレストカードのルールで大切なことは次のふたつ。

(1)アイデアは「質より量」を重視すること
(2)他人のアイデアに乗っかること

また、どんなアイデアや意見でも否定しない魔法ワード「うんうん」を多用するのもコツ。みんながどんなアイデアでも受け入れる姿勢を見せることで、何を言っても「安心・安全な場や雰囲気」を作ることができるという。

共感なくしてブレストの成功はなし。受け入れ態勢を見せることで安心して発言できる

ブレストの3ステップ。難しく考えず、とにかく楽しみながら何でも思い付いたことを話し、相づちを打っていればOK

ブレストカードを体験してみよう!

今回のワークショップには30名ほどが参加。職業はエンジニアやIT系の人の割合が高かったが、子ども向け自然体験NPO代表やブランディング会社経営者なども参加したほか、年代も大学生から50代まで幅広く、男女比も6:4ほど。さまざまな職種、年代の男女が5、6名ずつ数テーブルに分かれたら、いよいよブレストカード体験だ。「静岡を盛り上げるアプリ」をテーマに、各テーブルでゲームが始まった。

ブレストカード体験のお題は「静岡を盛り上げるアプリ」。静岡在住の参加者たちなら余裕のテーマだ

開始数分で、各テーブルから「おお~」「うんうん」「良いね~」などの歓声が上がり始めた。引いたカードのイラストを見て30秒でアイデア出しするのは難しそうだが、事前レクチャーの「収束しなくて良い」「質より量」「発想より発散」「スピード重視」を受けて、参加者から予想外のアイデアが飛び出してくる。

各人がカードを引き、テーマに沿ったアイデアを話す。どのカードを引き当てるかは運の強さも試される!?

カードのイラストを見ただけではどんなアイデアが出されたのか想像もつかないが、どのグループもアイデアが尽きることはなさそうだった

各人がアイデアを出し終えたら、「他人のアイデアに乗っかる」セカンドステージの始まりだ。セカンドステージでも各グループわいわいと盛り上がり、話が尽きない雰囲気。他人のアイデアを下敷きにすることでコミュニケーションの幅が広がり、アイデアも膨らんでいくようだ。15分ほどでシャッフルタイム。テーブルとメンバーをチェンジして2回目の開始。やり方が分かっためか、2回目のほうが歓声も大きいように感じた。

乗っかるアイデアが決まったら、そのアイデアに自分のアイデアを上乗せする。天秤のイラストからどんなアイデアが引き出されたのだろうか

乗っかるアイデアは票が割れるケースもある

「アーン」したい人とされたい人をマッチングするアプリ、静岡市のオレオレ・ランキングアプリなどをはじめ、たくさんのアイデアが続出。参加者たちも「アイデアは一人悩んでいては出てこないけれど、ブレストカードを使ったチームワークならできる」という氏原氏の言葉を体感したようだ。

また、「びっくりするくらいポジティブシンキングになれた」「初対面なのに、かけひきや遠慮せずになんでも言えた」など、発言やコミュニケーションの仕方で自分自身が変化した感想を語る参加者が多かった。「すぐに会社で使いたい」と、Amazonでブレストカードを購入する参加者もいた。各テーブルともまだまだ議論し足りないような雰囲気満々の中で、ブレストカード体験ワークショップは終了した。

出されたアイデアを紙にメモしながら、さらにブレストを進めていく

氏原氏も各テーブルを回りながらブレストに参加。実は氏原氏が一番楽しんでいたように見えたことはナイショだ

打ちとけ感ハンパないって! ブレストカードは魔法のカード

ワークショップ後は、地元のクラフトビール「Jiiin Craft(ジーンクラフト)」と美味しいサンドイッチを囲んだ懇親会も開かれた。ワークショップやセミナー後の懇親会は筆者も数多く経験しているが「ブレストカード」後の懇親会は「少し違う!」と感じられた。カードゲームで「安心・安全な場」を共有した参加者たちは、もうすでに“チームメイト”のよう。懇親会では話題が尽きずに盛り上がりは続き、解散時はみんなが名残惜しそうだった。

Jiiin Craft(ジーンクラフト)は「女性が考えた女性のための」が触れ込みの静岡の新クラフトビールだ

楽しみながらアイデア出しができる「ブレストカード」の真価は、この“チームワーク感”創出にありそうだ。「質より量」「乗っかる」「認める」ことで、これまでにない新しいコミュニケーションのパターンが生み出されたのではないか。また、職場でも使え、頭の体操にもなり、スポーツチームの絆も深めるのにも効果的かも知れないと感じた。

おわりに

静岡市という地方都市で、様々な属性を持つ数十人がブレストカードを通じて出会った今回のワークショップ。ひょっとしたら「静岡を盛り上げるアプリ」だけではなく、地域が変化するブレイク・ポイントに立ち会ったのではないだろうか。そんな思いのするイベントだった。

コワーキングスペース ジブンオフィス Colony

シェアオフィスのような個室や固定席はあえてなくし、すべてが共有エリアであり共有設備。まさにジブンのオフィスのようなスペース。また、スペース利用だけにとどまらず、シェアリングエコノミーがコンセプト。カーシェア、オープンキッチンでの社食提供などもあるユニークなスペース。

新聞記事の作成や広告制作業を経て、新聞社ポータルサイト設計・運営を担当し、WEBの世界へ。コンテンツ畑出身のWEBコンサルタント。 静岡県NPO設立アドバイザー、静岡市男女共同参画新議員ほか。転職10回。助っ人アルバイター。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています