PR

KubeCon Europe、2日目のキーノートはSpotifyの失敗事例とIBMのRazeeがポイント

2019年7月10日(水)
松下 康之 - Yasuyuki Matsushita
KubeCon Europeの2日目の注目ポイントは、Spotifyの失敗談とIBMの社内ツールRazeeだ。

KubeCon Europe、2日目のキーノートは前日と同様にVMwareのBryan Liles氏のMCで始まった。この日のテーマは「Kubernetes is a Platform for Creating Platforms」ということで、アプリケーションをクラウドネイティブに実行するためのプラットフォームであるKubernetesを、よりインフラストラクチャー寄りの目線で捉えてみようということになった。そこで最初に紹介されたのはSpotifyのユースケースだ。

失敗を活かすSpotifyの事例

タイトルだけで大体内容がわかるSpotifyのプレゼンテーション

タイトルだけで大体内容がわかるSpotifyのプレゼンテーション

タイトルを意訳すると「Spotifyは偶然にも本番環境のKubernetesクラスターを削除してしまったにもかかわらず、ユーザーに支障を与えなかったのはなぜか?」と言ったところだろう。登壇したのはSpotifyのインフラストラクチャーチームのエンジニア、David Xia氏だ。

プレゼンテーションを行うSpotifyのXia氏

プレゼンテーションを行うSpotifyのXia氏

結論から言えば、Spotifyのインフラチームとアプリケーションを開発するフィーチャーチームはそれぞれのちょっとしたミスから3つのゾーンに分けて実装していたKubernetesクラスターを、インフラであるGCPから削除してしまったが、エンドユーザーには直接の影響を与えずに復旧することができたという話だ。

KubeConを主催するCNCFは、どうやらキーノートで失敗談を披露するのが好きなようで、2018年のKubeCon EuropeでもイギリスのインターネットバンクのひとつであるMonzo Bankのユースケースが紹介されている。

Monzo Bankの失敗談:KubeConで失敗を紹介したMonzo Bankのキーノート

Spotifyが3つのゾーンに存在するKubernetesクラスターの2つまでを削除してしまっても、エンドユーザーに影響を与えなかった理由の一つは、仮想マシンベースのレガシーなアプリケーションセットがまだ稼働しており、全面的にKubernetes化されていなかったこと。これが最大の要因だろう。

3つのクラスターゾーンのうち2つまでが削除されてしまった

3つのクラスターゾーンのうち2つまでが削除されてしまった

またKubernetesの構成ファイルと、そのインフラストラクチャーを構成するサーバー構成管理ツールであるTerraformに跨る管理情報の整合性、パーミッションの管理などインフラストラクチャーだけではなく、アプリケーションにも関連する様々な要因を十分に理解した上でも、こういう重大なミスが起こってしまうという例となった。この辺りに、Kubernetesの持つ複雑さを従来の仮想マシンベースの構成情報とマッチングする難しさが表れているように思える。

Spotifyの教訓

Spotifyの教訓

以前、日本のエンタープライズの取材で「『Infrastructure as code』は便利だが、ゼロから構成を立ち上げるというのはほぼなく、現存するサーバー群に対して何か変更を加えたいことがほとんど。しかし従来のツールは、構成ファイルに書かれたことを忠実に実行するだけで、今動いているシステムとの差分を取って、有るものはそのままに、ないものを生成するという機能がない。結果、欲しいものを全部漏れなく毎回ちゃんと書かないと作ってくれない」というコメントを聞いたことがある。Spotifyのケースも正にその失敗例で、エンジニアがプッシュしたTerraformの構成ファイルに、たまたまAsiaゾーンの構成情報がなかったために、稼働しているサーバーを削除してしまったというものだ。ツールの機能から言えば全く正しい動作であり、ツールベンダーやパブリッククラウドベンダー(この場合はGCP)が責められるべきことではない。

インフラのコード化のポイント

インフラのコード化のポイント

しかしKubernetesであっても結局は稼働するための物理サーバーは必要になるし、パブリッククラウドでもオンプレミスのデータセンターでも「いかに構成情報を正しく管理してミスを防ぐか」という部分に関しては、多くの企業がまだ苦労していることだろう。Spotifyのケースは、レガシーなシステムを並列で持つ、常にバックアップを怠らない、障害時のシミュレーションを実行するという極々普通の内容であり、最先端のインターネット企業であってもやるべきことはあまり変わらないという意味で参考になったと思われる。

最も重要なのは失敗しても責めるのではなく学びと捉えること

最も重要なのは失敗しても責めるのではなく学びと捉えること

Xia氏が最後に紹介したのは、今回の失敗を通じてチームのフィロソフィーが確かになったという部分だろう。「失敗してもそれを責めずに、学ぶことができる機会を作ってくれたと同僚に言われたことが嬉しかった」というコメントがそれを表している。日本の企業にありがちな失敗の先にあるのは「犯人探しと罰則」という発想ではなく、転んでも次にはもっとうまく転ぶ、立ち上がる時間を短くするための練習に転換するという点は、日本にとっての良い教訓かもしれない。

David Xia氏のプレゼンテーション動画:How Spotify Accidentally Deleted All its Kube Clusters with No User Impact - David Xia

Oracle

次に登壇したのは、OracleのVP、Bob Quillin氏だ。Oracleはスポンサーとしてこのセッションを行ったわけだが、Open、Sustainable、InclusiveというこれまであまりOracleの口から出てこなかった単語がサマリーとして出てきたと言う辺りに、Oracleであってもオープンソース的な流れを無視できないといったところだろうか。細かい点だが、WebLogicをKubernetes上で動かすOperatorをOracleが公開しているということが紹介された。

Oracleのまとめ

Oracleのまとめ

Oracle WebLogic Server Kubernetes Operator

Conde Nastの事例

次に登壇したのは、Conde Nast InternationalのKatie Gamanji氏だ。ファッション雑誌をメインにしたコンテンツビジネスがメインの企業で、先ほどのSpotifyが失敗例だとすると、Conde Nastは完全に成功例として紹介されていた。

主にAWSをインフラとしてグローバル、特にロシアと中国からのアクセスをこなすために、ヨーロッパ、中国、日本、メキシコ、アイルランドにそれぞれKubernetesクラスターを実装して、2億5500万/月のユニークユーザーからのアクセスさばいていると紹介。中国に関しては、中国国内のクラウドプロバイダーを利用しているようだ。

中国とロシアからのアクセスが多いことを紹介

中国とロシアからのアクセスが多いことを紹介

そしてシステムとしてはKubernetesを中心に、Helm、Calico、Traefik、Fluentd、Kibanaなど、オープンソースプロダクトだけを使用して開発を行っているという。フロントエンドとなるCDNはFastlyで、KubernetesのIngress ControllerはTraefik、CI/CDについてもコンテナレジストリーはRed Hatが買収したCoreOSのQuay、パッケージマネージャーはHelm、CIはCircleCIという構成だ。

CI/CD環境の構成

CI/CD環境の構成

しかしなにより驚いたのは、この約13分のプレゼンテーションが全くカンニングペーパーなしに行われたことだろう。通常のプレゼンテーションであれば、ステージ脇のモニターにスライドと話す文章がスクリプトとして流れているものだが、Gamanji氏の場合はスライドだけでスクリプトはなし、つまりスライドの内容を完璧に把握してステージに立っているということになる。この後、会場でGamanji氏に直接確認したところ、スクリプトなしは「別に不思議なことではないわ」という回答だった。1年前にConde Nastに参加したというGamanji氏だが、他の企業がヘッドハントしたがるのではないかと予想したくなる堂々としたプレゼンテーションだった。

プレゼンテーションを行うGamanji氏

プレゼンテーションを行うGamanji氏

Katie Gamanji氏のプレゼンテーション動画:A Journey to a Centralized, Globally Distributed Platform ? Katie Gamanji

IBMが自ら作り活用するツールRazee

次に登壇したのは、IBMのJason McGee氏だ。CTOでIBM Cloud PlatformのVPということで、IBMのクラウド戦略を握るキーパーソンである。McGee氏はIBM自身がKubernetesを使ってIBMのKubernetes-as-a-ServiceであるIKSを運用しているが、その運用において2つの問題があるということを紹介。最初の問題は、エンジニア同士のコミュニケーションだ。これは開発者と同じプラットフォームを使うと言う発想で全てがSlackで行われているという。そして2つ目の問題が、大量のサーバーの運用管理、特に更新については新しいツールが必要であると解説した。

IBMのJason McGee氏

IBMのJason McGee氏

そこで紹介されたのが、IBMが社内で使うRazeeというツールだ。特徴として、更新をクラスター側にプッシュするのではなく、あらかじめ設定したルールをクラスターが自動的に参照し、更新を実行するプル型であることだ。それ以外にもルールベース/ラベルベースであること、LaunchDarklyを用いてフィーチャーごとに更新を実行できること、複数のクラスターを跨ってインベントリー管理ができることなどを説明した。

参考:IBMが公開したオープンソースソフトウェア、Razee

この後、Googleのエンジニアによる従来から難しいと言われているKubernetesで永続ボリュームを扱う際の注意点などに関するセッションが続き、2日目のキーノートセッションは終わった。

Spotifyの失敗談とConde Nastの成功談、そしてIBMのRazeeなどが目立ったポイントだったが、Oracleが積極的にKubeConのサポートをし始めたという事実が、IT業界としては良い兆候ということだろうか。

また会期の初日はCNCFのホストするプロジェクトにおけるIntroセッションが集められていたのに対して、Deep Diveと称するより詳細な解説が多数行われたのが目立った2日目のKubeConであった。

著者
松下 康之 - Yasuyuki Matsushita
フリーランスライター&マーケティングスペシャリスト。DEC、マイクロソフト、アドビ、レノボなどでのマーケティング、ビジネス誌の編集委員などを経てICT関連のトピックを追うライターに。オープンソースとセキュリティが最近の興味の中心。

連載バックナンバー

クラウドイベント
第4回

KubeCon Europe、テレコムオペレータを集めたTelecom User Groupは議論百出

2019/7/18
KubeCon Eurpoeで開かれたテコムキャリア向けセッションに参加してみた。課題は山積みだが、ポイントはCNFとTestbedか。
クラウドイベント
第3回

KubeCon Europe、2日目のキーノートはSpotifyの失敗事例とIBMのRazeeがポイント

2019/7/10
KubeCon Europeの2日目の注目ポイントは、Spotifyの失敗談とIBMの社内ツールRazeeだ。
クラウドイベント
第2回

KubeCon Europeでサービスメッシュの標準化を目指すSMIを発表。Istioの動向にも注目

2019/7/9
KubeCon Europe 2019、でサービスメッシュのエコシステムを拡げるためのインターフェイスSmiが発表された。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています